家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

トランプ並べて「話し方」のお勉強

「話下手」でも人と組織を動かす5つのポイント
今、求められるコミュニケ―ションスキルとは!?

 

 というセミナーに行った。講師は以前のブログ(*1)でも書いた、踊る実業家と名乗る野原秀樹氏。バレエの公演、振付、演出をする一方、「ドラマチックコミュニケーション」という人気のセミナーを主催している。

 

■誕生日順に並べ

 セミナーの参加者24人に対して、
1月1日から12月31日までの誕生日順に並べ
という課題が出された。ただし条件がある。

 ・しゃべってはいけない
 ・数字を書いたり、カレンダーや時計の数字を指してはいけない
 ・指を折って数を作ってもいけない
 ・24人全員が順番にならなくてはいけない

えー、そんなの無理だよ~!

 5月生まれの私は、5月を示すもののモノマネができないかなぁと考えていた。鯉のぼり、兜、牡牛座。う~ん、どれも難しいなぁ。

 そのうちに1人が足を踏み鳴らして数を表現し始めた。なるほど。これをマネして隣の人と月を確認した。でも日付まで示すのも難しいぞ。と、あたふたしているうちに時間切れ。

 

■うまくいかない理由

 この課題では講師もうまくいかないことを想定していた。理由は2つ。

 まずこういうことを進めるにはリーダーシップが必要。誰かが仕切って、こっちとこっち、というように分けていかないとできない。ここに集まった人達は他人同士。ろくに話もしてないのに、自発的に動いてリーダーシップを取るのはなかなか難しい。

 次に、これをしてはダメ、あれもダメ、と禁止条件をいくつも挙げたことにより、「きっとダメだよ」という先入観が植えつけられたこと。

 逆に言えば、自発的に動いてリーダーシップを取ること、先入観を持たずに「できる」と信じることができれば組織を動かすことができる。

 →どうせダメだろう、と最初からあきらめムードで自発的に動かないことって多くないだろうか。私も会社ではこうだったりする(-_-;)。
 でも子供の前では常に自発的に動いてリーダーシップをとれるようでないといけないな、と改めて思った。 

 

■トランプを並べてみよう

 次の課題はこれだ。
背中合わせになった相手に、トランプを並べさせる
話し手は課題の図を見て形を説明する。聞き手はその説明に質問をしながらトランプを並べていく。お互いに相手の方を見てはいけない。

Cards

 「4枚目のカードは3枚目の右辺にくっつけてください」
 「4枚目は縦にしますか?、横にしますか?」

といった具合に進めていった。

ここではうまくできたチームが多かった。以下がポイントだった。
 ・誤解のない教え方を話し手が工夫すること
 ・曖昧なときは聞き手が確認すること
 ・お互いに通じる共通の言葉を見つけて使うこと

■共通の言葉って

 もし、このトランプゲームを何度もやるようなら、お互いの共通の言葉を定義すると簡単になりそうだ。

 「7枚目は6枚目に左接編3分の1上横」 とかいうように言葉を決めておけば格段にやりやすくなる。 仕事の現場で使われる専門用語もそれと同じだ。適切な用語を正しく使うことで意思疎通がしっかりできるようになるよね。
一方、子供にものを教える時も、分かる用語を選ぶことが必要だ。その場に応じた言葉を適切に使うことって大事だなと思った。

 

■専門用語じゃなくっても

 「最近の若者は日本語の使い方がなってない」
と私もオヤジ代表として(?!)しばしば言ってしまう。
でもそれって、若者同士でしか通じない言葉というのは、専門用語と一緒で仲間同士の意志疎通にはぴったりした言葉なのかもしれないな。
セミナーの趣旨とはちょっと違うがそんなことも感じた。

そんな楽しいセミナーだった。(^o^)

 

(*1) 踊る実業家のドラマチックコミュニケーション

 

PS. いつも読んでいただいてありがとうございます。実は私はこのセミナーに遅刻してしまいました(^_^;)。でも、講師は私の顔を覚えていてくれたので嬉しかったです。ちなみに顔に「あべっかん」と書いてあったわけではありません(笑)。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

three × three =

Return Top