家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

コミュニケーションが活発になるセミナー -10月31日

創造的手法を用いた体感型相互学習

創造的手法を用いた体感型相互学習のセミナーが、10月31日(火) 15時から東京麹町で行われます。無料体験セミナーです。講師はManyAbilitiesの野原秀樹氏です。
 
創造的手法を用いた体感型相互学習というと難しそうに思えるかもしれません。
以前のブログ「セミナーなどでコミュニケーションを活発にするには場づくりが大切」で書いたような、チームのコミュニケーションを活発化させるためのトレーニングのセミナーです。
 
体を動かしながらの「体感ワーク」をやってみると、チーム内のコミュニケーションが活発になります。その場に集まった初対面の人たちと仲良くなってしまうので楽しいセミナーでもあります。
 
【カリキュラム】

1 コミュニケーションの基本
・自己開示
・自発的協力行動
・その他

2 創造的手法を体感

・インプロ(即興)を体感し対応力を磨く
・その他

3 振返り
・セミナーを通しての「気づき」
・質疑応答
・その他

人前で話をする機会がある人や、チームをまとめたいと思っている人にとっては役立つことが学べると思います。都合をつけて行ってみましょう。

無料セミナーだと軽く見られてしまうかも

このセミナーは平日に行われます。平日勤務のサラリーマンが参加するには会社を休まないといけません。
ですが、無料セミナーだと、「会社を休んでまで行くほどの価値があるかなあ?」と疑問に思ってしまう人も多いのではないでしょうか。でもこのセミナーは、会社を休んででも行く価値があると私は思います。
 
無料だと、「たいしたものではないだろう」、「それほど価値があるものではないだろう」、と思われてしまうことがあります。無料だからいいや、と、ちょっとした理由でドタキャンする人もいるでしょう。
 
逆に内容が同じでも1万円以上の価格だったら、「会社を休んででも行く価値があるものだろう」、「遠いけど新幹線で行ってみよう」、と思うのではないでしょうか。
 
セミナーを企画する方の立場から考えると、「安くして負担を軽くして多くの人に来てもらいたい」、「だけど軽く見られても困る」というジレンマがあるのだと思います。価格の付け方って難しいですよね。

ただほど高いものはない?

話は変わりますが、先日、三奈の高校受験のためにS高校の説明会に行きました。すると、入り口の外でR塾の宣伝チラシを配っていました。
 
アンケートに答えると下の階の特設コーナーでS高の予想問題を無料で差し上げます、と言っていました。私はまんまとつられて、予想問題をもらいに行きました。
そこでR塾に勧誘をされます。三奈はT塾に行っているので断ると、ではS高の模擬テストだけでも受けませんか?と言われました。
 
R塾の意図は分かりました。S高の模擬テストを受けると、R塾で勉強した人にカウントされるのでしょう。そしてS高に合格したら、「S高の合格者125名!」というR塾の宣伝にきっと加算されるのでしょう。三奈はT塾の生徒なのに。
 
太郎が高校受験や大学受験をしたとき、少ししか関わっていない塾からも、「受験の結果を教えてください」という連絡が来ました。図書カードをくれたりするので教えてしまいましたが。
「無料で」という話の裏にはこんな魂胆がある場合もあります。
 
けれども冒頭のセミナーにはそんな魂胆はありませんので心配しないでください。

コミュニケーションが活発になるセミナー

話を戻します。
創造的手法を用いた体感型相互学習のセミナーは2017年10月31日(火)15時から東京麹町で行われます。
 
繰り返しますが、無料セミナーですが変な魂胆があるものではありませんので安心してください。
 
先にこの本を読んで予習しておくと、より理解が深まるかと思います。

「コミュニケーションが活発になる教え方」
 


「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

twenty + 20 =

Return Top