プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

相続税セミナーに行っていざというときに備えておこう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「相続税セミナー」に親を連れて行ってきました。
遺言書を書いてもらったり後見人を決めておかないと、いざ親が亡くなったときに大変なことになるということが分かりました。
そのセミナーで話された事例を紹介します。

遺言書が無いとたいへん

高齢のSさんは長男のC太郎と同居しています。
C太郎にはA子とB子という姉がいる。父のSさんは自分の死後は同居しているC太郎に家と土地を相続させるつもりでした。

しかし遺言書がないとA子とB子にも遺産が分割されてしまいます。財産がほぼ不動産のみだったため、C太郎はA子とB子に相続された分を買い取ることができず家を売らなくてはいけなくなってしまうのです。

 

また、遺言は公的に有効なものでないといけません。専門家に相談したうえで公証役場で作成しておくことが必要です。

loghouse

後見人を決めておこう

Tさんは定年後の夫と二人で暮らしていましたが、夫が痴呆症になってしまいました。
夫は施設に入りました。Tさんの妻は自宅を売って施設の近くに引っ越したいと考えました。
ところが自宅は夫の名義。勝手に売ることはできないのです。

痴呆症などお金の使い方を決められなくなると、後見人が財産を管理することになります。
事前に本人が後見人を指定していない場合は家庭裁判所が法廷後見人を選任します。ですが法廷後見人は第三者で杓子定規に事務的なことを行うのみ。
Tさんが以前からそのうちに自宅を売ろうと言っていたとしても、財産の管理が法廷後見人に移ってしまうと売ることはできなくなってしまうのです。

そうならないように、痴呆症などになる前に自分の後見人を妻や子どもにしておく手続きをしておきましょう。


→後見人の話は私は知りませんでした。痴呆症などになってしまうと法的にもいろいろ大変なようです。できる準備はしておくべきですね。

poor1 _640

個別相談コーナー

希望者には税理士が個別に相談に乗ってくれました。
ウチの場合は相続税はどれくらいになるの? というのが心配だったので詳しく聞いてみました。
とんでもない額の税金が請求されることはなさそうだと分かったので一安心。

job3

税金の説明会に行ってみよう

このような相続税の説明会は各地で行われています。税理士事務所や銀行が無料で行っているものが多いようです。
今回来ていたのは、70代以上の遺言を書く方の立場のお年寄りがほとんどでした。


しかしちゃんと遺言を残しておいてもらわないと困るのは、私のような相続を受ける方の世代です。このような説明会に行って理解して、親と話をしておくことが必要です。
税金の説明会に行ってみましょう!

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
今回私が行ったのは「ほむにこ」が主催したセミナーでした。神奈川県の横浜や藤沢で行われています。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

11 − four =

Comment on Facebook

Return Top