プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

SNSの犯罪に子どもが狙われている -警察官の視点も聞いてみよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

子どもが犯罪に巻き込まれないために、何か対策をしていますか?

SNSでの犯罪に若者が巻き込まれている

本日、三奈の高校主催のイベントに行ってきました。警察署の警察官によるSNS関連の犯罪についての講演でした。その中で、まずは犯罪の動画を見せてくれました。

A君はSNSの公式サイトを装ったサイトにSNSのアカウントとパスワードを入力してしまいます。するとそのパスワードを使って犯人がA君になりすましてログインし、よく会話をしている親友に「今困っているんだ。お願い!」と、プリペイドカードを買わせてその番号を聞き出します。その番号で犯人は買い物をしてしまいます。

プリペイドカードを買って、とか友人からメッセージがあったときには、電話などで本人に確認しましょう。むやみに買わないように、というお話でした。

→公式サイトを装ったサイトにIDとパスワードを入力してしまう、というのは誰でもやってしまいそうですよね。私もやりそうです。

公式サイトかどうか、Amazonだったら、www.amazon.co.jp とかになっているかをURLを見てからパスワードを入れるようにしておけばいいのでしょうかね。

なかなか気さくな警察官!

最近では、女子高生がSNSでみつけたオジサンとデートをしてお金をもらう、ということが増えています。警察官のおとり捜査で補導した女子高生が多いそうです。

説明をしていた警察官は、

「私も先日、メールの扱いなどに注意しましょうという話をしたすぐあとに、妻に出したつもりのメールを部下に送っていました」などと話していました。

また、SNSなどを一切やらないほうがいいのかという質問に対しては、「やってみて失敗してみないと危険であることにも気が付きませんよ」と答えていました。

→なかなかユニークな警察官ですね。

警察官の視点や本音がわかる

今回のイベントではありませんが、警察官の目のつけどころについて語っている人がいます。「千葉とうしろう」という人です(実際は架空の警察官)。

例えば、車を運転していて一時停止違反で捕まったとき、警察官に「なぜ一時停止線で止まらなかったんだ?」と聞かれて「線で止まっても左右が見えないんだもん」と答えることが多いと思います。でも一時停止ラインがそこに引かれていることには理由があります。その理由とは?

そんな感じで警察官の視点を語っているのでおもしろいです。警察官千葉とうしろうの「ねらい目」(インターネットラジオなので音声です)

また、千葉とうしろうさんは、7/28非行防止のための無料セミナーを東京神田で行うようです。子どもの非行を予防するために、心配な人は話を聞いてみましょう。
子どもの非行を防ぐための、素直な頭のつくり方講座

※今日も読んでいただいてありがとうございます。7/29の親子エクセルプログラミング入門セミナーの参加者を募集中です。定員まであと2名となりましたので申し込みは今すぐ!


夏休みの自由研究が半分できあがる
親子エクセルプログラミング入門セミナー(2018/7/29)

詳細はこちら
 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

11 − one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top