スキーの達人は下から上に滑る?!常識を疑え!?

雑談

初めてスキーに行ったとき

昔、私が大学生になって初めての冬のことです。

私は初めてスキーに行きました。大学の仲間で20人くらいの集団で。

私は初心者なので、緩いコースでゆっくり滑っていました。

友達と別れてしばらく一人で滑っていると、吹雪になってきました。

寒いし、視界は悪い。

一番下のレストハウスに入って休もうかな、と思ってゆっくりと滑っていきました。

そんなバカな! あり得ない光景を目撃

少し離れたところで、滑っている人がいます。

えっ!!(゚Д゚;)  そ、そんなバカなっ!?

その人は、他の人たちと違って、ゲレンデの坂を、下から上に滑っていたのです。

スキーの達人になると、下から上に滑れるんだ!!

私はびっくりしました。それまでの常識が覆されました。

私は理系の大学生でした。物理では万有引力を習いました。

地球には引力があるのに、下から上に滑ることができるなんて。

今まで習った物理はウソだったんだ。さんちゃんの嘘つき!(さんちゃんというのは、私の高校の物理の先生です)

なーんだ、達人の正体は!

私は吹雪の中、ゆっくりとその達人の方に近づいて滑っていきました。

すると、その達人の秘密がわかりました。

っていうか、達人じゃないし。

視界が悪くて遠くからだと見えなかったのですが、その達人はロープに引かれていました。

ロープリフトってやつです。椅子に座るリフトではなく、ロープで引っ張ってもらうリフトです。

そんなリフトがこの世に存在することを私は知らなかったのです。

だから、ロープが見えないと下から上に滑っているように見えたのです。

「なんだ、達人じゃないじゃないか。騙しやがって、ふざけるな!」

と、私は何の罪もない達人(?)にあたったのでした。

勘違いだったとはいえ、それまでの常識がくつがえされるようなことを見たというのは、貴重な経験だったと思!います(笑)。

コメント