家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】計算問題作成プログラムを作ったぞ

イクメンパパの家庭教育 算数編

 

「1日に6ページやりゅ」

 

四つ美が計算ドリルをがんばってやっている。

■計算ドリルにはまる

 

 4月から小2になる四つ美は、家で計算ドリルをせっせとやっている。2年生で習う掛け算九九もときどきカンニングペーパーを見るもののわりとできている。

 

 もうドリルがなくなりそう。そこで計算問題作成プログラムを作った。

 

■計算問題作成プログラム
keisan1 

 

 エクセルのマクロ処理で作ってみた。乱数を使って毎回違う数字を出す。答えのセルに値を入力していく。20問解いたところで「採点」ボタンをクリックすると、正解だと○、不正解だと×をつけて得点とメッセージを出すようにした。
keisan2 

 

 さらにレベルの設定もできるようにした。レベル1だと1桁の足し算。レベル4だと5の段までの掛け算。レベル7だと足し算、引き算、掛け算がランダムに出るという具合に。
keisan3 

 

 それぞれの最大値も変更できるので482×42= とかいう難しい問題も出せる。とりあえず使えそうだ。

 

■使ってよ (^_^;)

 

 でも使われるかどうかは別問題。
やってはみたものの、紙の問題の方がいい、ドリルの方を好んでいる。がくっ(+_+)。

 

印刷してもいいのだけれど、エクセルのままの方が自動採点できるから、「〇つけやって」 が楽になるのになあ。

 

 パソコンでやらせるには、機能的なだけではダメなようだ。ゲーム性を取り入れて楽しく続けられる仕組みが必要だろう。ゲームには目が肥えているだけに凝ったものにしないと食いつかないかもしれない。

 

 ちょっとたいへんそうだ。どうしようかな?!

 

PS.
今日も読んでいただいてありがとうございます。
このエクセルの問題作成プログラム。もし使ってみたい人がいましたら、メッセージをいただければ送ります。ユーザーサポートまではできないかもしれませんが。。。

—–

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

3 × five =

Return Top