プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

【家庭教育】計算問題作成プログラムを作ったぞ

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

イクメンパパの家庭教育 算数編

「1日に6ページやりゅ」

 

四つ美が計算ドリルをがんばってやっている。

■計算ドリルにはまる

 4月から小2になる四つ美は、家で計算ドリルをせっせとやっている。2年生で習う掛け算九九もときどきカンニングペーパーを見るもののわりとできている。

 

 もうドリルがなくなりそう。そこで計算問題作成プログラムを作った。

 

■計算問題作成プログラム
keisan1 

 エクセルのマクロ処理で作ってみた。乱数を使って毎回違う数字を出す。答えのセルに値を入力していく。20問解いたところで「採点」ボタンをクリックすると、正解だと○、不正解だと×をつけて得点とメッセージを出すようにした。

keisan2 

 さらにレベルの設定もできるようにした。レベル1だと1桁の足し算。レベル4だと5の段までの掛け算。レベル7だと足し算、引き算、掛け算がランダムに出るという具合に。

keisan3 

 それぞれの最大値も変更できるので482×42= とかいう難しい問題も出せる。とりあえず使えそうだ。

 

■使ってよ (^_^;)

 でも使われるかどうかは別問題。

やってはみたものの、紙の問題の方がいい、ドリルの方を好んでいる。がくっ(+_+)。

印刷してもいいのだけれど、エクセルのままの方が自動採点できるから、「〇つけやって」 が楽になるのになあ。

 パソコンでやらせるには、機能的なだけではダメなようだ。ゲーム性を取り入れて楽しく続けられる仕組みが必要だろう。ゲームには目が肥えているだけに凝ったものにしないと食いつかないかもしれない。

 ちょっとたいへんそうだ。どうしようかな?!

 

PS.
今日も読んでいただいてありがとうございます。
このエクセルの問題作成プログラム。もし使ってみたい人がいましたら、メッセージをいただければ送ります。

エクセルのVBAでプログラミングしてこういったものを多く作っていきたいと考えています。こういうのが欲しい、というアイディアがあれば知らせてください。

—–



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

seventeen − 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top