家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

道路標識によじ登ろう -行動的に算数力を身につける

「分度器ってどう使ったらいいの?」

 

小4の長女がきいてきた。通信教育のチャレンジ4年生を進めているところだった。
で、使い方を説明。
さらに、テキトーな三角形を3つ書いて角度をすべて計らせて、

 

それぞれの3つの角度を足してごらん。

 

→181度、183度、184度  ちょっと惜しい。

 

三角形の内角の和は180度になる。
四角形、五角形、…n角形の内角の和は、その図形をいくつかの三角形に分けることで求められる。
と、少し先の興味が持てそうなことを教えておいた。

math2

 

私が小学生のころのある日、算数の宿題がでた。
身の回りにある円いもの直径と周りの長さをはかってきなさい。

 

私は道に出て、 駐車禁止の道路標識 によじ登って直径と周りの長さをはかった。
学校でみんなで結果を発表したら、私のが割った結果が3.13になり、一番3.14に近かった。
やった(^^)/    大きいものをはかったのが幸いして正確な結果になった。

 

no_parking


ちょっとしたきっかけで勉強が面白く感じられることがある。
「n角形の内角の和」とか、「大きいものをはかった方がいい」 とか、勉強が面白くなるヒントがないかな?
と私はいろいろ考えることにしている。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

10 − 4 =

Return Top