家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

便利になりすぎると「考える力」が育たない -自分で考える力を育てよう!

地図が便利になりすぎると危ない

こんな記事がありました。

「わが子に「生きる力」を付けたいなら、便利さだけに身をゆだねる危険性に気づいておこう」 (地図の力で自分で考えて行動する力を伸ばす、地図育コラム より)

この記事によると、i-Phone などに使われている i OS の新しいバージョン i OS 11 では地図機能が充実するようです。カレンダーに載せたスケジュールの場所を勝手に地図に書き込んでくれるとか、地図検索の画面を開かなくても自動で目的地を地図に設定するような機能が搭載されるようです。

しかし、便利になりすぎると自分で考える機会が減ってしまうので注意しなくてはいけない、と警鐘を鳴らしています。

カーナビが運転手をバカにする

私が最初に車に乗り始めた車には、カーナビはついていませんでした。

車には道路地図を置いてあります。知らない場所に行くときは、助手席の人が、あるいは一人のときはときどき車を停めて地図を見ます。地図を横にしたり逆さにしたりして進行方向を確認します。
どちらが北か分からないときは大木を切り倒して年輪を見て方向を確認したものです(すいません、ウソです。良い子は真似しないように!)。

地図を見て確認しながら進むと道を覚えます。2回目には迷わずに行けるようになります(ちょっと迷うけど)。

けれどもカーナビを使うようになってからはあまり道を覚えなくなってしまいました。そしてカーナビが教えてくれた道を一つ曲がり間違えると大回りすることになってしまいます。運転手が気を利かせることができないからです。

便利なものに慣れてしまうとバカになってしまうのです。

そのトリック、どこがおもしろいの?

私が中3か高1のころ、友達と3で旅行に行ったことがあります。今のように宿泊先や電車の時間をネットで調べたり予約したりということはできませんでした。

本で電話番号を調べてユースホステルを予約し、厚い時刻表を調べて電車を乗り継ぎました。こうやって調べて計画を立てる、ということは学生にとって勉強になったと思います。

よく「湯けむりなんとか殺人事件」とかいう推理サスペンスドラマで、容疑者が「その日は温泉なんか行ってませんよ。大阪で会議がありましたから」というようなアリバイを作っていることがあります。

ところが刑事が時刻表を念入りに調べると、この臨時列車を使えば会議に間に合ったはずだ、と解決します。

そういったストーリーは私のような紙の時刻表で電車を調べた世代にはピンとくるかもしれません。けれども電車の乗り換えをネットでしか調べたことのない若い人にはそのトリックと推理のどこが面白いのか分からないかもしれません。名探偵じゃなくてもすぐ分かるでしょ、って。

昔は苦労して調べていたことが、便利なものができることで、人は頭を使わなくなってしまいます。

そんな時代に生まれた子どもたちが、「自分で考える力」をつけられるようにしなくてはいけません。そのためには私たち大人が受けてきた教育とはまた違った教育が必要なのではないでしょうか。

これからどんな教育が必要なのか、考えていく必要がありますね。このブログでも書いていきたいと思います。



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

18 − 10 =

Return Top