家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

電卓の秘密 1+2×3=9

あっ、間違ってる!

 

と私が発見。
三奈がチャレンジ四年生の算数をやっていた。
まだ学校で習っていないところを進めている。

 1+2×3=9
しっかり間違えている。
掛け算と割り算は先にやる、とチャレンジの説明に書いてあるのに、理解できていない。なので私が教えた。

 それだけじゃ面白くないので、実験をしてみた。

 

 昔落としていたカシオの関数電卓電卓落として数千回 参照)を持ってきた。
 1+2×3=?  →7

次に普通の電卓を出して、
 1+2×3=?  →9

 関数電卓はかしこいけど、普通の電卓はバカなんだね
と納得させた。

 こういうことをやって印象づけておけば次は間違えないだろう。

 あとで、6年生の二郎にも同じ電卓の実験をやらせてみた。
関数電卓で計算したあと、普通の電卓をたたく前に、
 きっと、9になるんだろう
と、私の実験の意図を読んでいた。さすが6年生。(^^♪

 

Windows7のアクセサリの電卓でもやってみた。
表示を、「関数電卓」にすると、当然ながら
 1+2×3=7

表示を、「普通の電卓」にすると、
 1+2×3=9
途中の計算式が 1+2*
まで表示されるくせに、その後に3=を押すと9になる。

 

計算能力はあるはずなのに、普通の電卓のバカなところをマネしている。。。
Windows、ムダなところばかりに凝ってないかっ。<`~´>

 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

5 × four =

Return Top