家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

ヤル気を出すヒント 賞状を壁に飾ろう!

やったっー、合格だ!

 

■2枚の合格通知

 二郎の合格通知2つが同じ日に届いた。英検と数検だ。どちらも私立高校受験のポイント稼ぎのために受験した。検定試験を取っていると内申書の合計点に加算してくれる高校があるからだ。これでプラス2点。内申書を検定試験でカバー。

 どちらも3級なのでそう難しいものではない。特に数学は得意だし過去問題も充分な点を取れていたのでまず落ちることはないと思っていた。

 英語は苦手だった。7月から毎朝家で例文を覚える特訓をしていた。英検の直前にはリスニングを中心に英検の問題をやることに切り替えた。万全の準備のつもりで。その成果があった。3級とはいえ、英検を取ったことで英語の苦手意識が消えたのではなかろうか。

 

■賞状を飾ろう

 合格の賞状を額に入れてリビングの壁に飾った。それほどの価値がある検定試験でもないのだけれど(笑)。

 今までは太郎が中学の頃に卓球の区大会優勝や市大会ベスト8の賞状が飾ってあった。しかし二郎は賞状を取ったことがなかった。やっと賞状を取ったということもあって私はオーバーに喜んで祝った。

 

■壁に貼ると励みになる

 太郎は受験生の頃、机の前に自分で塾での模擬試験のクラス内での順位表を貼っていた。

数学1位 太郎、
英語2位 太郎。

1位は自信になるし、2位は次は勝つぞという励みになる。
他人から見たらたいしたことでなくても構わない。自分にとって励みになることなら、見るたびにヤル気が出てくるのだ。

賞状でも、成績表でも、100点の答案でもいい。あるいは運動会で1位になったときやホームランを打ったときの写真でもいい。

いいときの結果は壁に貼って励みにしよう。

 

※いつも読んでいただいてありがとうございます。
ただいま、あべっかんの2冊目の電子書籍 「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法 小学生のパパ編」 を270円の割引価格で予約販売中です。まずは こちらで 立ち読みしてみてください!

 

イクメンから教育パパにキャリアアップする方法ー小学生のパパ編ー/金風舎
¥300
Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

四児の父・あべっかんです。 四人の子どもを育ててきて思いました。今の学校や塾をアテにしすぎてはいけない。学校は最低限のことしかやってくれないし、塾はお金ばっかりかかる。 子どもには家庭教育が大事なのです。では親はどうすればいいのか? このブログで私も試行錯誤しながら追及していきます。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

11 + 19 =

Return Top