家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

電卓の落下試験 -電卓落として数千回

ガチャーン、8888888888
ガチャーン、8888888888
ガチャーン、8888888988

20と何年か前のいまごろ、私は毎日こんなことをやっていた。

casio

ここは 電卓メーカーであるC社の品質保証部の実験室。
新人の私は人海戦術の作業員として駆り出されていた。
関数電卓を一定の高さから落とし、8888888888 を打って表示を確認。
これを何百回も繰り返していたのだった。
土日も出勤してガチャーン、ガチャーンやっていた。

私が配属された部署は、電卓などの電子基板とLSIを接合する技術を担当していた。
ところが、新機種の関数電卓を作る際に 一部の線が弱くて切れる という不具合が発覚した。
そこが切れると電卓の8の表示が、6とか9とか3になってしまう。
なので、いろんな対策をほどこした電卓を何百個も試作して、何百回も落として強度を確認しているのだった

入社前は 電卓がこんな厳しい検査をされているとは思っていなかった。
そして まさかこんな仕事をやらされるとは思っていなかった。

今の若者だったら
「私はこんなことをするために入社したんじゃありませんっ!」
と言って辞めてしまうかもね

今日は三奈(※注1)が家にあった関数電卓を使ったときに この話をした。
小4の三奈にはまだピンとこないだろうが。

父親が会社でどんな仕事をしているのか。
会社の仕事は具体的にはどんな感じなのか。

を、機会があったときに子供たちに話すように私は心がけている。
学生のうちに、仕事に対する具体的なイメージを持てるようにさせたい。

 

みなさんは子供に親の仕事の話をしていますか?

ただし現職の細かい企業秘密に触れるようなことは話すわけにはいかない。
そもそも、そんなことは話しても理解できないだろう。
私だって難しくて理解できていないのだから。(^_^;)

 

※注1:長男とか次女とか書くのもなんなので、子供にブログ上の名前をつけました。
性別と順序を分かりやすくして、長男=太郎、次男=二郎、長女=三奈、次女=四つ美
と今後は呼びます。よろしくお願いします。

※注2:妻にも名前をつけます。
1号=正妻、2号=東京の愛人、3号=静岡の愛人
→ウソです!(汗)

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

fifteen − 7 =

Return Top