家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

個性的であることって悪いことなの? -小学生と中学生と高校生と大学生に聞いてみたら!

「個性的である」ことは悪いことなのでしょうか? ものにもよるでしょうが、今の若者たちは「個性的である」ことを悪いことと捉えているようです。
これについて考えてみましょう。

個性的であることは悪いこと?

「いまの若者たちにとって「個性的」とは否定の言葉である」
という記事をみつけました。この記事によると、
 「友だちから言われて最もイヤな言葉は? (1)まじめだね  (2)おとなしいね  (3)天然だね  (4)個性的だね  (5)マイペースだね」
 
との質問に対して、一番多かった回答は「(4)個性的だね」だったそうです。
 
「個性的と言われると、自分を否定された気がする」
「周囲と違うってことでしょ? どう考えてもマイナスの言葉」
「他の言葉は良い意味にも取れるけど、個性的だけは良い意味に取れない」
「差別的に受け取られるかも」
 
などという意見が挙がっています。周囲と違うことは嫌だ、と考えているようです。

あべっかん家でのリサーチ

うちの小学生と中学生と高校生と大学生にも聞いてみました。

「君は個性的だね」と言われたらどう思う?

小学生の四つ美は、「う~ん、ちょっと嬉しいかな」
他の子と違って優れた能力がある、という意味でとらえたようです。

中学生の三奈は、「なんかやだ」
ちょっと変わってるよね。人と違って何かおかしいよね。という意味に捉えるようです。

高校生の二郎は、「言われたときの場合によるなあ」
あえて悪い意味で言うときと、そうでないときがあるので一概には言えないということらしいです。

大学生の太郎は、「場合によって嬉しかったり、嫌だったり」
これも二郎と同じですね。周囲のみんなと違ったら嫌だ、とは考えていないようです。
ちなみに太郎は、周囲のみんなの行動を気にしないマイペース型の人間です!

あべっかん家の調査ではこんな感じでしたので、それほど違和感は感じませんでした。

個性的って良いことだよね?!

誉めようがないときに、「こ、個性的だね。。。」ということはあります。

でも、「個性的」は誉め言葉だと私は思っています。

「個性的だね」
と私が言われたら、凡人じゃないってことか、と喜びます。
逆に
「個性がないね」
と言われたら落ち込みます。自分は面白みもない人間なんだなあ、と感じてしまいます。

周囲の人たちと同じだったら、自分はいてもいなくても社会は何も変わらない、自分の存在価値が無い、って思いませんか?

 

それに何かを売りたいとか、人気者になりたいとか思ったときは、個性的にしないとうまくいきません。どこにでもあるありきたりのものでは人気が出ません。

例えばこのブログをもっとアクセスされるようになりたいと思ったら、他のブログにはない個性を発揮しなくてはいけません。

 

ただ、個性がだんだん強くなっていくと、周りの人たちとはちょっと違う→変わり者→変人→変なおじさん となってしまいます。

それでも、そんな危険があったとしても、平凡であるよりも個性的でありたいと私は思っています。
かと言って、こんな服は着ていませんよw。(でも誰かにプレゼントでもらったら、喜んでパジャマにするかもしれません!)

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
あなたは、個性的ですね、と言われたらどう感じますか?



「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

14 − one =

Return Top