家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

数学の公式が役に立った -勉強は仕事に役立つ

「こんなこと覚えて何の役に立つの」と子どもに言われたことはありませんか? でも、役に立たなそうに思ったことが、何十年後かに役立つこともあるのです。子どもにこんな話をしてあげてください。

 

数十年ぶりの三角関数

私のIT の職場では仕事で計算をすることがあります。特に多いのがソフトウェアの単体テストのテストケースを設計するときです。

例えばプログラム内でX>Y のときに分岐して特殊処理が動くとします。するとテスト条件として「X=Yのとき、XがYより0.01だけ大きいとき、XがYより0.01だけ小さいとき、などの条件で正しく分岐するかをテストします。

XとYは直接設定できるとは限りません。a,b,c の3つの入力値から計算した結果だったりします。計算の途中には四則演算のほかに、三角関数やシフト計算が入っていることもあります。そこからXとYの差が0.01になるような入力値a,b,cを逆算して求めるのです。

「え~っと、三角関数のsinって最大で1にしかならなかったよな」
それにく気づかずにsinAの値を10にしようとしてAをあれこれ変えて計算してみても無駄なのです。

三角関数なんて学生時代の数学以来でした。三角関数を知らなければ「シンとかコスとかタンって何のこと?」となっていたことでしょう。

 

 

数学で習った公式が必要になった

以前に私が半導体工場で開発の仕事をしていたころ、円い半導体ウェハの中に四角いチップをいくつ配置できるか計算しろ、という課題を出されたことがあります。これを解くには円の公式、Xの二乗+Yの二乗=半径の二乗 を使って計算しなくてはいけません。

また、メッキの工程で必要なメッキ液の量を求めるために、球状になったメッキの体積を計算する必要があった。球の体積の公式、「身の上に心配あ~るの三乗」を使いました。

さらには積分を使って体積を求める必要にも迫られました。私は高校の数学の参考書を実家の押し入れから出してきた覚えがあります。

LSI

 

IT業界では誰もが使う16進数

IT業界に転職してから、毎日使うようになった数学があります。それは2進数と16進数。一般人はほとんど10進数しか使いません。時計の分を読むときに60進数(60分で次の桁、1時間になる)を使うくらいです。

IT 業界でプログラミングやネットワークアドレスで使うのは16進数です。プログラマーは10進数なんて知らなくてもいいくらい(そんなことは無いか!)。

私がエンジニアだからこういった数学が必要なのでしょう。でもうちの会社の営業だったとしても、16進数が分からなければ客と話が通じません。IT業界では16進数は常識以前の基本です。

 

数学でもっと16進数を教えて

高校の数学で2進数や16進数が出てくるのはほんの少しだけです。大部分の大人はもう忘れているでしょう。

IT化が進んだ現在ではIT業界の人でなくても、パソコンのネットワーク設定をするときとか、16進数を使う機会があるでしょう。学校の数学で、2進数と16進数とそれらを使ったシフト演算やマスク計算は教えておいて欲しいと私は思います。

math2

学生時代の勉強は仕事で役に立つ

話を戻します。
数学で習う、一見何の役に立つのか分からない公式や理論もずっとあとに必要になることもあるのです。
エンジニアなら数学や理科。他の仕事だったら国語や社会の勉強も役に立つことがあるでしょう。
そんなときに復習して思い出せるように、学生時代に勉強しておくのです。

「学校での勉強は将来役に立つ」

ということを子どもに話してあげてください。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

いつの間にか、もう8月になっていました。夏休みが欲しい!!

 

 

kyoikuPapa1

イクメンから教育パパにキャリアアップする方法 \300

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

13 + fourteen =

Return Top