家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

オリオン座を見てみよう -ペテルギウスは赤くてとてもデカい!

星を見てみよう

小学4年の四つ美が学校の宿題で星のの観察をしていました。私も一緒に空を見ました。オリオン座の位置を一度記録してから何時間か後にもう一度見ます。

さて、オリオン座は1時間後に何度動いていたでしょうか?

オリオン座に限らず、どの星も月も太陽も 1時間に15度動きます。地球が24時間で360度回るので、360÷24=15 度です。
子どもにこれだけ覚えさせておけば、天体の問題を解くときに役に立ちます。

一等星ペテルギウスはデカい!

オリオン座の右肩にあたる星、ペテルギウスがやけに赤く見えました。

ペテルギウスは、一等星の赤色超巨星。もしペテルギウスを太陽の位置に置いたら、その表面は地球の軌道より外側の火星の軌道の外までくるほど大きいそうです。

それだけ大きい星なのにあんなに小さく見えるのは、ずっーと遠くにあるからです。地球からの距離は642光年。光の速度でも642年もかかる距離にあります。
ということは、今見えている光は642年前にペテルギウスが出した光。もしかしたらもうなくなっているかもしれません。なくなったとしてもそれに気づくのは642年後です。

宇宙にはそんなに大きな星があり、そんなに遠くまで広がっています。子どもと一緒に星を見てみましょう。スケールが大きい宇宙を見ていると、ちっぽけな悩みなんてどうでもよく思えてきませんか?!

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

寒いので夜外にでるのはつらいのですが、星はよく見えますね。

 

「忙しいSEも育児ナシを卒業!」

KindleUnlimited対象の電子書籍なので読み放題で読めます!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

six + 13 =

Return Top