家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

資格試験は信号と同じ?

今日は資格試験を受けてきた。
JSTQBというソフトウェアのテスト技術者の資格だ。
基本レベルなので今更これを取ってもハクが付くわけではないが、 最近知れてきた資格なので勉強しておこうと思ったのと、 その後の上級レベルを取るために必要だったことが受験した理由だ。

 

私は仕事関係の資格はいくつか取っている。
その理由の1つに、取っておかないと不安だということがある。

仕事でいろんなことを学んでいるが、それだけだと何か基本的な重要なことを 見落として知らないままでいたりしないのか、と不安になる。
資格試験はその分野で必要な基本的な知識が集められているので、 押さえておけば安心できる。教科書のようなものだ。

仕事や社会は教科書でカバーできるようなものではないことは分かっているが それでも教科書を求めてしまう。。。
自分のやり方に自信が持てていないということだろうか???

あっ、
自分の判断に自信がないから教科書に頼るというのは、自分で安全かを判断せずに 信号だけ見て道を渡るのと同じだ
と、これを書いていて気づいてしまった。

もちろん、自分の判断ができた上で資格を取るのならいいのだが。

資格試験って他の人はどういうものだと思っているのだろうか?

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

15 − fifteen =

Return Top