家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

にこにこ君 -いつでも笑顔のプロフェッショナル

「お疲れさまでしたっ ヽ(^0^)ノ」

 

今日も満面の笑みのにこにこ君。
私の勤める会社のビルの入り口には警備員が立っている。
にこにこ君はその一人だ。

 

 

朝も昼も夜も、通り抜ける人たちにこれ以上の笑顔はないってくらいの満面の笑顔であいさつしてくれる。
まだ20代後半くらいだろうか。スマートな体格に素直そうな顔に黒縁のメガネ。
遅くまで残業して疲れたときでも、にこにこ君 の笑顔を見るとちょっと元気が出る。

 

警備員という仕事の中で、社員を明るくしようという意識を持ってやっているとしたら立派だと思う。
プロだね!

 

また、私が以前に勤めていたC社では、数ヶ月に1回くらい八王子にある事業所に行くことがあった。
入り口で部署と名前を言う前に

 

「abekkanさんですね。」

 

と警備員に言われた。私ってそんなに有名人??

 

 

あとで知ったが、その門番のおじさんは、顔と名前を覚えることに命を(?)かけているらしい。
一度その門を通過した人は彼のメモリーにインプットされ、次に来たときは名前を当てられる。
門番のプロフェッショナルだな。

 

にこにこ君にしても、名前覚えおじさんにしても、
警備員という限られた作業での中でもプロ意識を持っているのは立派だ。
使命達成型職業人 といえるかもしれない。

 

どんな仕事でも一生懸命やる、という姿勢は、子供たちにも見習わせたいものだ、
と思った。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

eleven + 11 =

Return Top