家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

日食の実験をやってみた

子供と日食の実験をやってみよう

 

準備するもの:暗い部屋、ボール、懐中電灯  (日食グラス は不要です!)

暗い部屋の真ん中に幼稚園生の四つ美を立たせた。
四つ美のアタマが地球。ボールが月、懐中電灯が太陽。

 

月が地球のまわりをまわる。
ボールが太陽と反対側にくると満月。
横にくると、半分だけ明るく見えるよね。
空に見える月もこれと同じ。半分は太陽の光が当たらないので暗くて見えない。
月は本当に半分になってるんじゃなくて、半分は暗くて見えないだけ。

そしてボールが太陽と同じ方に重なると四つ美から太陽は見えない。これが日食。
ボールが反対側に行って四つ美の影と重なるとボールは暗くて見えない。これが月食。

そんな感じで四つ美と三奈と二郎に説明した。
途中でいくつか質問すると、三奈と二郎は意外とわかってなかった。(-_-;)
やっておいてよかった。

earth

太郎が小さいときも同じような実験をやった。
日食や月食、月の満ち欠けなどは、紙に書いた図でも説明できる。
でも、こうやって実演することによって、天体を 立体的に把握する力 がつく だろうと考えている。

実際の空で夜に月を見たときも、よく私は子供にこう言う。

今、太陽はどこにあると思う?
月のかけ方から判断して、地面の下のこっちの角度の方だよ。

これも天体を立体的に把握させたいからだ。

日食の話題で盛り上がっている今がチャンス、子供と日食の実験をやってみよう。

Follow me!

About あべっかん

四児の父・あべっかんです。 四人の子どもを育ててきて思いました。今の学校や塾をアテにしすぎてはいけない。学校は最低限のことしかやってくれないし、塾はお金ばっかりかかる。 子どもには家庭教育が大事なのです。では親はどうすればいいのか? このブログで私も試行錯誤しながら追及していきます。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

14 + nineteen =

Return Top