家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

外はストーム、中でもストーム

「う~ん、これとこれは同じグループかな」
ビジネスホテルの一室で、サイドテーブルに付箋紙を並べて一人でうなっている怪しげな男がいた。

 

昨日と今日、私は休暇を利用してプチひとり旅をした。行き先は家から車で3時間くらいの秩父。ドライブと温泉でリフレッシュしたら、あとは愛人の待つホテルに直行。ではなくて、シングルのビジネスホテルに直行。

リフレッシュして落ち着いたところで、自分の考えていることを整理しようと思っていた。

そこでやったのが、一人ブレーンストーミング

まずは、何冊かの参考書をちらっと読み返した。

次に付箋紙にいろんなことを思いつくままに書き出した。
思ったこと、仕事の問題点、不平、不満、愚痴、ぼやき、上司の悪口(!?) などなど。
それらを関係あるものをグループとしてまとめて整理した。

MindStorming

 

 

 

 

途中で休憩してバーで夕食。実はあらかじめ、雰囲気のいいバーが近くにあるホテルを選んでいた。そこでギネスビールとカクテルを2杯。

bar

 

 

 

 

雨の中、ホテルに戻った。
酔っぱらってハイになった別人(?!)の意見を取り入れて再開。このうち酔った勢いならではのバカなアイディアは、翌日シラフになってからボツにしたが。
使った付箋紙は約80枚にもなった。

 

そんなことをして、なんとか結論らしきものがいくつか見えてきた。
意外とまとまるものだな、やってみてよかった(^^♪

こんなことをやろうと思ったきっかけは、最近セミナーで、システム思考、デザイン思考、ゲームストーミング、を教わったことと、
あるコラムニストが、書くときに付箋紙を使って考えをまとめていると知ったから。
リフレッシュしたときに、ためしにやってみるか、と考えていた。

ここまでやる変わり者は私の他には滅多にいないだろう。

でも、思ったことを紙に書き出して分類する というのは、やってみることをお勧めする。けっこう頭の中が整理されるはずだ。

私がブレーンストーミングをやっていた夜、外は本当のストーミング(嵐)だった。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

16 + 8 =

Return Top