家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

猛暑で覚えてない! もうしょ うがないなぁ

「ブラジルの気候はなんで7月が寒くて1月が暑いんだっけ?」
「・・・分からない」
 と二郎と三奈。
え~っ、前に教えたのに…(+_+)

 

 猛暑で熊谷は37度、とかいうニュースを見ていたときに、「赤道直下は何度なのかなぁ」 と訊かれたので一緒に地図帳を開いた。各国の温度グラフを見て冒頭の質問をした。

 以前に日食の実験をしたときに、地球の自転の軸が傾いているために夏と冬ができる。北半球と南半球で夏冬が逆になる、と説明した。理解したと思ってたのに。。。

earth

 1回で理解して全部覚えているってのが無理だったかな。仕事で出来の悪い部下に教える時も、何回か反復して教えないといけないしね。

・地球の地軸が傾いているために夏と冬ができること。
・北半球と南半球で夏と冬が逆になること。

を再度説明した。ついでに、以下の話も加えた。

・地球から見て太陽が通る軌道にある星座が、星占いで使う星座で横道十二星座と言う。
・8月は獅子座の方向に太陽があるから獅子座は絶対に見えない。星占いの星座はその月には見えず、その半年後によく見える。

 こういった説明は何度も繰り返すことにしよう。記憶に定着させるには反復が必要だ。

 

そのとき、妻が、
「あっ、パパはまた靴を脱ぎ棄ててる。揃えてっていつも言ってるのに<`~´>」
子供達が一回で覚えないのは父譲りだったか。(^_^;

 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

eleven + eight =

Return Top