家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

洪水のボトルネックは?

洪水だっ

 

と言ってもタイの洪水ほどではない。
昨日の深夜のabekkan家の風呂の洪水の話だ。
以前から排水溝の流れが悪かったのだが、昨日は湯船の栓を抜いたときに、お湯が浴室から 洗面所と廊下にまで流れ出てしまった。\(゜ロ゜;)/

なので今日は様子を見ながら少しづつお湯を抜いた。

しばらく排水溝とにらめっこをしながら考えていた。
ここがボトルネックか。針金も入らない構造なのでどうしようもない。

hallowin

 ボトルネック

以前私はWebシステムのボトルネックを調べる仕事をしていた。
客先に行ってツールを使ってたくさんの仮想ユーザーでシステムにアクセスして どこまで耐えられるか、どこがボトルネックかを診断して報告書を作る仕事だ。
ボトルネックが見つかったら、そこさえ改善すればシステムのパフォーマンスは ずいぶん上がる。

世の中、ボトルネックを制した者が勝者だと思う。

 

道の混んでる所を買い取って通行料を取るとか、 不足しそうな物を買い占めて高く売るとか。
値上がりしそうな株を先に買うのも同様だろう。

普段の仕事でも、ある一か所を改善すると全体がはかどることがある。
ボトルネックを見つけられるか、制することができるかが勝負の分かれ目だ。
仕事ではボトルネックを見つけることに常に気をつけたいと思う。

 

なんてことは今はどうでもいい。それより修理屋を呼ばなくっちゃ!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

13 + 13 =

Return Top