私の家政夫ナギサさんは見た、商品の売りかた

私の家政夫ナギサさん

テレビドラマ「私の家政夫ナギサさん」を見ました。

製薬会社のMRとしてバリバリ働いているメイ(多部未華子)。その部屋が散らかっているのを見かねた妹が、やり手家政ふのナギサさんを送り込んできました。

ただしナギサさんはおじさん(大森南朋)です。家政婦ではなくて家政夫でした。そしてコメディードラマが始まります。

家政婦は見た?!

ところで家政婦と言えば、「家政婦は見た」→「家政婦のミタ」→「家政夫のミタゾノ」とパロディーが続いてきました。ここは家政夫の名前を「三田村」とかにしてほしかったところ。

原作やテレビ曲の違いがそれを許さなかったのかもしれませんが(笑)。でも、「家政ふ」と言えばパロディードラマ、というのが定着してきましたね。

お客さまをよく見て適したサービスを

私が気になったのはドラマの本筋とはちょっと違うところでした。

やり手のMRのメイ(多部未華子)は横浜の病院で新薬の契約を取ろうとします。一生懸命に自社製品の良さを説明します。しかしライバル製薬会社のアーノルド製薬に送り込まれてきた田所(瀬戸康史)に客を取られてしまいました。

田所さんは、うちに来る患者をよく観察しています。仕事中のサラリーマンが多いので即効性のある薬を薦めてくれました。

というのが決め手でした。

自分の製品やサービスがどんなに良いものかをアピールするよりも、お客さまをよく見て最適な製品やサービスを提案する。それが大事なのです。

私もそんなふうにサービスを考えよう、そう思ったのでした。
ドラマの本筋ではありませんでしたが。

それはともかく、このドラマ、今後おもしろくなりそうです。
「私の家政夫ナギサさん」 火曜22時


エクセルVBAのプログラミングを始めてみませんか? 初心者向けです。

エクセルVBAオンライン個人レッスンはストアカのサイトで受け付けています。興味のあるかたはぜひご覧ください。

お待ちしています。