プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

私立大学の受験スケジュールは余裕が無いほうがいいかも

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

日月火、木金、月
 太郎の私立大学受験のスケジュール。3日連続で1日休んでまた2日連続。今週はハードだ。

 

■だんだん慣れてくる

 初日は、「英語で時間が足りなかった(>_<)」
 2日目は、「数学が解けなかった(>_<)」

 おいおい! 東大を目指してきた男が、私立大学でコケるなよ。
「余裕でできた」って言って欲しかったのに。。。

 3日めになってやっと「うまく解けた」と手ごたえがあったようだ。

 私大を6つも受けなくてもいいんじゃないの? と思っていたけど、やはり多く受けてよかったようだ。慣れてくることで調子が出てきたようだ。後半に力を発揮できそう。

 

■余裕が無いほうがいいかも

 このスケジュールはちょっとキツイかな? と思ったけどそうでもなかったようだ。昼間の試験でできなかったところを夜に復習して次の日に臨む。集中できるし試験慣れもしてくる。

 途中に休みが何日かあると、余計にことを考えて不安になったりしたかもしれない。休みがないことで集中できる。若いからこれくらいの体力はあるし。

 最後の私大のあとは国立大の二次試験まで1週間間があく。この私大受験Weekがいいトレーニングになっていると思う。高くついたけど(汗)!

 受験のスケジュールを立てるときは、余裕が無いスケジュールにしたほうが集中できていいかもしれませんよ!
 

※というわけで、今週は私も落ち着きません。とりあえずどこかに合格すればひとまず安心できるのですが。。。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

4 × one =

Comment on Facebook

Return Top