プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

エクセルでプログラミングを学ぶ3つのメリット -なぜエクセル?

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

エクセルでプログラミングを学ぶメリットを3つ紹介します。なぜ、ほかのプログラム言語と比べてエクセルでプログラミングを学び始めるとなぜいいのか、私が思っているExcelのメリットを書いてみました。

  • 環境設定が簡単
  • プログラマにならなくても役に立つ
  • どう構成するかを考えるのが楽しい

この3つについて順に説明します。

環境設定が簡単

以前に理系の大学生である長男の太郎が大学でC言語でプログラミングをすることになったので、C言語の入門書を購入しました。C言語は私は仕事で使っています。C言語を学ぶにあたってはプログラムを実行できる環境がなくてはいけません。私はネットでサクッと調べていくつかのソフトウェアを太郎のPCにインストールしました。
 
と簡単に書きましたが、もし太郎が一人でやっていたらどうでしょうか。入門書にはこのツールをこのサイトからダウンロードできる、と書いてあります。でもサイトは刻刻と変わってしまうものです。その本(あるいは参照したネット記事)が書かれたときとは変わっているほうが多いのです。バージョンがアップしたくらいならすぐわかりますが、多数のバージョンに分かれていて迷ってしまうものもあります。今回もそうでした。
 
さらにはインストールするときやダウンロードしたソフトウェアを実行するとき、使うPCによってはエラーになることがあります。何のエラーなのか判断して対応しなくてはいけません。初心者が対応するのは難しいこともあります。
 
IT企業で働いている私でも、なにかしらのソフトウェアをダウンロードして使おうとしたがうまく動かずに断念したことは何度もあります。
太郎も、私がいなかったら自力でC言語を動かす環境を作ることは難しかったのではないでしょうか。初心者がプログラミングを始めようとするとまずは環境設定でつまづいてやめてしまうことがあるのです。
 
エクセルでプログラミングを行う場合はその心配はありません。多くのパソコンにはすでにMicrosoftExcelがインストールされています。自分でインストールする場合も参考情報はたくさんありますし、苦労することは少ないでしょう。
 
そしてExcelさえ入っていればあとのいくつかの設定はExcelのメニュー画面から行えます。初心者でも簡単に環境を設定できることが、Excelでプログラミングを始めるのをおススメする1つ目の理由です。
 
Excelプログラミングの環境は他の環境と違って簡単に設定できる。
 

プログラマにならなくても役に立つ

子ども向けのプログラミング教室を最近よく見かけるようになりました。小学生の子ども向けのプログラミング教室で使われるプログラミング言語には次の2つのパターンがあります。
  1. ScratchやCodeStudioなど入門用の簡単な言語を使ったもの
  2. RoboRabやNXT Programなどロボットを動かす独自の言語を使ったもの
1は入門用の言語です。コマンドに対応したアイコンや絵を並べていくだけでプログラムができてしまいます。プログラミングの基礎の勉強用にはこれで十分だと思います。けれども実用的なアプリケーションを作るのには無理があります。
 
2はロボットを動かす専用の言語です。対象のロボットを動かすだけならいいのですが、ほかのことはできません。
子ども向けのプログラミング教室で使われるプログラミング言語はそこからの「発展性がない」と言えます。
 
大人向けのプログラミング教室となるとどうでしょうか。使うプログラミング言語ごとに講座があります。一般的な言語であるC言語やC++,C#などのC言語系のもの、PHPやRuby、あるいはJavaなどのWebサイト構築に使われる言語などたくさんあります。
 
このうち、Javaなどはホームページを作るときに使えます。けれどもその他の言語は、プロのプログラマーになるか趣味でゲームを作りこむ人ならば役に立ちます。けれどもそこまでやるつもりがない一般人は、プログラミングを習得しても使う機会がないのです。
 
それに対してエクセルのプログラミングはどうでしょうか? 会社であるいは個人事務所でも、エクセル表でデータを整理することはあるでしょう。ときにはいくつもの表を照らし合わせてデータをチェックしたり書きかえたり別の表を作ったりする機会はいくらでもありそうです。
 
そんなときにエクセルのプログラミングを覚えていると、表の集計作業を自動化できるのです。すべてを自動化するのは難しいこともあります。けれどもできる範囲で一部でも自動化できれば作業が楽になるのではないでしょうか。それに作業を楽にできないか、と考えながら働くと仕事が少し楽しくなりますよ。
 
このように、エクセルのプログラミングを覚えることは、他のプログラミング言語と比べて一般人でも発展性があり役に立つのです。
 

どう構成するかを考えるのが楽しい

例えば子どもたちの算数のテストの点数が書かれたエクセルの表があるとします。この表から最高点や平均点や得点ごとの人数の分布など、データを分析して表示するプログラムを作ることにしましょう。まず最高得点を調べるには
  • 一人目の得点を表から読みこんで暫定一位の得点とします。
  • 次に二人目の得点を表から読みこんで、暫定一位の得点より高ければ暫定一位の得点を置き換えます。
  • これを最後の人まで繰りかえします。すると最後には一番高い得点が暫定一位の得点に入っているはずです。
こうやって最高得点をプログラムで求めます。
 
でも、ちょっと待て! 最高値なんてわざわざプログラムで処理を作って求めなくてもいいのでは?
 
エクセル表には関数というものがあります。表のデータから自動で計算してくれるものです。よく使われるのが、SumとかAverageとかいうものです。
Sumは合計値を出します。Averageは平均値を出します。
 
データが入っているセルを選んでSumとかAverageとか書くと合計値や平均値を自動で計算してくれるのです。同じように、最大値を自動で計算するMaxという関数もあります。最大値を計算してくれるのです。
そうです。Maxを使えば、前述の最高得点を算出するためのプログラムは作る必要はありません。
「そうだ、Maxを使おう!」
これはあくまでも例です。実際はMaxなどは最初っから悩むことなく思いつきます。言いたかったのはこんなふうに最初から搭載されているエクセルの機能を使うことでプログラミングの一部を簡単にできる場合があるということです。
 
エクセルでプログラミングを行うときに他のプログラミング言語でプログラミングするときと大きく違うことは、エクセルの表を使えることです。エクセルはもともと表計算プログラムですから、表のデータを操作する仕組みがいろいろあります。これを使わない手はありません。
 
「そうだ、こうすれば簡単にできる」という工夫を思いついたときはうれしいものなのです。工夫を思いついたときの喜び、これは他のプログラム言語ではあまり体験できないエクセルプログラミングならではの喜びだと私は思っています。
 

まとめ

エクセルでプログラミングを学ぶメリットは以下の3つになります。
  • 環境設定が簡単
  • プログラマにならなくても役に立つ
  • どう構成するかを考えるのが楽しい
初心者がプログラミングを始めるには、エクセルのプログラミングから始めてみましょう。
 
 

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
Return Top