プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

プログラミング教育の意義の一つは想定外がないか考えること

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

子どもにプログラミングを学ばせるのはどういった意味があるのでしょうか?
今回は1つの例を挙げて説明します。

カーナビのプログラムを考えてみよう

カーナビのルート案内の道を決めるプログラムを考えてみましょう。カーナビのプログラムはとっても複雑だと思いますので、簡単な部分だけ取り上げます。

  1. GPSから現在地を取得する
  2. 目的地を入力させる
  3. 現在地から最も近い高速道路の入り口を探す
  4. 目的地から最も近い高速道路の出口を探す
  5. 現在地から高速道路の入り口までの道を決める
  6. 高速道路の出口から目的地までの道を決める

こんな流れでプログラムが作れそうです。

ただ、これだけでは不都合が発生します。例えば神奈川県の横浜駅周辺から川崎駅周辺に行く場合を考えます。話の都合で首都高速道路や第三京浜道路は無いことにします。

このルートをプログラムで出させてみると、横浜駅から東名高速道路の横浜町田ICまで行って、東名高速道路に乗って東名川崎IC で降りて川崎駅に向かうというルートになります。

でも、これでいいのでしょうか?

プログラムには予期しない不具合がつきもの

横浜駅から横浜町田IC まではずいぶん距離があります。東名川崎ICから川崎駅までもずいぶん距離があります。しかも横浜町田IC 近辺は道路が混んでいます。東名高速道路など使わずに一般道で川崎駅に向かって進めば横浜町田IC に着くより早く川崎駅に着きそうです。

大回りして、高速料金を払って、着くのが遅いのではルート案内プログラムとしては失格です。実際に私の車のカーナビはこういうバカな案内をすることがあるので私は怒っています。

このプログラムには、目的地までの直線距離が短いときには高速道路を使わないルートも考えるという処理を追加したほうがよさそうです。

これはずいぶん極端な例ですが。

想定外が無いかをよく考える

このように、プログラムを作るときには予期しない不具合がないかを考えておく必要があります。プロのIT エンジニアが考えても想定外のケースが見つかることが多々あります。

さまざまな使い方を想像して想定外がないようにしておくのは結構大変だったりします。でもその訓練をしておくことで考える力が養われます。

子どもにプログラミングを学ばせる意義の一つは、想定外のケースがないかを考えることで考える力がつくことだと私は考えています。

 

こちらもぜひご覧ください。「なぜプログラミング?」

初心者がプログラミングをちょっと学んでみたいとき、エクセルで始めることをおススメしています。こちらをぜひご覧ください。「なぜエクセル?」



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業
KindleUnlimited対象の電子書籍です。

電子書籍を出版してみたい人がいましたらサポートいたします。


電子書籍とPODの出版をサポートします

 

ブログを書けずに困っている人がいましたらお手伝いします。


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

twelve + twelve =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Comment on Facebook

Return Top