家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

逆算手帳や宝地図に夢を書いてワクワク感を味わおう!

夢は紙に書き出しておいて、それを何度も眺めていると実現できると言われています。

逆算手帳でごきげんな毎日を過ごす

「逆算手帳を使いこなせる人と使いこなせない人の違い」 という記事がありました。これについて書きます。
 
以前のブログ「逆算手帳に未来を書き込んで夢を叶えよう!」逆算手帳というものを紹介しました。
逆算手帳とは、将来、あるいは10年後、5年後の夢や目標を書き、その夢に向かって今年は何をやる? 今月は何をやる? というのを書き込んで使う手帳です。
 
「逆算手帳を使いこなせる人と使いこなせない人の違い」によると、逆算手帳を使う目的は、夢や目標を実現することだけではなく、
実現しようとして小さな行動を積み重ねるプロセスを楽しんでごきげんな毎日を過ごす
こともあるそうです。
 
そのためにも、手帳にやりたいことを100個書き出し、カラフルな絵を描いてワクワク感を高めましょうと述べています。
 
結果だけではなく、結果に至るまでのプロセスを楽しむ、というのはいいことだなあと思いました。

(逆算手帳の1ページ)

夢を叶える宝地図

また、以前のブログ「幸せな宝地図であなたの夢がかなう -潜在意識を有効に使おう!」では、宝地図というものも紹介しました。
 
この本でも逆算手帳と同じように、夢を叶えたときの姿をイメージして写真や絵を描いたパネルを作って見えるところに飾っておきましょうと言っています。
 
それを毎日眺めていると、
夢の実現が潜在意識に焼き付いて実現できるようになる
そうです。
 

夢は叶えるよりも叶えようとしてワクワク感を持つことに意味がある

夢を持って生きるとたしかに毎日がワクワクします。私も今夢があります。逆算手帳に書き込んで、カラフルな絵も描いています。

それを眺めているとそれだけでもワクワク感があって楽しいものです。

夢というものはもしかしたら、叶えることよりも、叶うと信じて、叶えようとして、ワクワク感を持って毎日を過ごすことの方が大切なのかもしれません。

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
逆算手帳や宝地図に夢を書いてワクワクしてみませんか?!

逆算手帳はこちら。宝地図の本はこちら



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

9 + 18 =

Return Top