二月の勝者の塾の本音はまちがいではない!

子育てと教育

「二月の勝者」は塾の本音?

テレビドラマ「二月の勝者」を見ました。

中学受験を目指す学習塾の話です。

できない子のクラス、Rクラスの子に熱心に教える先生(井上真央)に、
塾長(柳楽優弥)はこう言いました。

「Rクラスの子に熱心にならないでください。
Rクラスはお客さまですから」

できない子たちは、塾にとっては金ヅルだということです。

リアル「二月の勝者」を体験しました

高校受験の話になりますが、私の長男の太郎は某塾に通っていました。

そこで成績が上がってきて、特進クラスの特待生になることができました。

受講料がほとんど無料。
手厚い指導をしてくれて、おかげさまで県立のトップ校に合格することができました。

次男の二郎もその塾に行きました。

二郎は普通クラスでした。

普通クラスでは、指導は手厚くはありません。
二郎はまだよかったのですが、二郎の友達のT君などは、
塾の先生にも見捨てられていました。

受講料はちゃんと払っているのに。

合格実績をなんとしても上げたい

その塾では、デキのいい子を優遇し手厚く指導して一流校合格の実績を増やす。
デキの悪い子は金ヅル。

という方針が顕著でした。


デキのいい子には、(横浜から通えない)本庄早稲田を
受験費用は塾持ちで受けさせていました。

それだけ早稲田合格者を増やしたかったのでしょうね。

中学受験のクラスでは、早稲田佐賀(佐賀県)まで受験させていました。

ドラマ「二月の勝者」は、あながち間違っていない。
実際にそんな塾もある、と感じたのでした。

ただ、塾もいろいろありますから、そんな塾ばかりではない、と付け加えておきます。

コメント