少しは失敗を警戒しなくては -失敗は成功の通り道なのだけど

7つの習慣

「私、失敗しないので」をめざすな

失敗が怖くて計画をなかなか実行に移せない人がいます。
特に日本人は、絶対に失敗をしないように、としている人が多い気がします。
「私失敗しないので」
なんて言っている人もいますし。


でも、失敗はしたほうがいいんです。
失敗することで、なぜ失敗したのか? どう改善すべきなのがわかります。
失敗は成功するために通らなければならない通過点なのです。

「成功」の反対は「なにもしない」だ

書籍『7つの習慣』の中では、
「成功」の反対は「失敗」ではない
「成功」の反対は「なにもしない」だ
と言っています。
なにもしなくてはなにもわからない。
とにかく勇気を出して行動してみよう、と教えています。
これはよいことだと思います。

へなちょこサーブ & ボレー はやめたい

私、あべっかんは、失敗を恐れずに行動するタイプです。
っていうか、よく考えずにまず行動してしまいます。

例えばテニスをするとき、
まともなテニス選手は、強いサーブやストロークを打って前に出ます。
そしてボレーでとどめをさします。


私の場合、へなちょこサーブで前に出るのです。
きちんと攻めていないのに、結果を出したくて前に出る。
そして鋭いパッシングショットをくらって負けます。


でも懲りずにまた前に出る。(バカだなあ)
たまたま相手が力みすぎてミスをしたときだけ点が取れます。

テニスでなくても、よく考えないうちに行動してしまいます。

じっくり考えたところで、どうせ思ったようにはいかないだろうし。
と考えるのが面倒だと思ってしまうのです。


えいやっ、でやってしまってから結果を見て考える。

こんなことばっかりだったので、むしろよく考えてから行動すべきだな、
と最近は思っております。

へなちょこサーブ & ボレー はやめたい!

※「7つの習慣®」および「7つの習慣J®」は、フランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。

コメント