プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

2017年のブログを振り返って

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

年末なので、今年(2017年)のブログを振り返ってみます。

今年は記事のトラブルなし

去年のブログでは、実は記事についてのトラブルがありました。公にはしていませんでしたが私がブログに書いたあることに対して苦情を受け(と言ってもほとんど言いがかりだと思えますが)訂正して謝っても許してもらえず、私も不快な思いをしてしまいました。そしてこんなことがトラブルの元になってしまうんだ、と気づきました。
 
その後はそんなきっかけとなってしまうような書き方はしないように気をつけています。その甲斐もあって今年は特にそういったトラブルは発生しませんでした。
 

長く書こうとしているけれど

最近はできることならブログを長く書こうとしています。実例の記述を増やすなどして話を膨らますように考えてきました。
 
けれどもそのためにブログを書く時間が長くなってしまっているのでなんとかしたいとは思っています。書き終わるのが夜遅くになってしまっていますし。また、書ききれずに休んでしまうこともあって、通常は週休二日で書いているのですが週休三日になってしまったことが何度もありました。
 
書く時間を短くすること、休みを少なくすることが課題ですね。どちらも難しいですけれども。
 

ブログに依頼が飛び込んできた

今年はブログに対して見知らぬ人からのアクションが何度か入ってきました。
 
1つめは電子書籍を出版しませんかという依頼です。その話がまとまってFastbookさんから4冊目の電子書籍「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」を出版することができました。またこの本は私の本の中で初めてPOD(PrintOnDemand)化されたので、紙の本として読むこともできるようになりました。
 
2つめに来たのは写真を使わせてほしいというものでした。「上郷フィールドアスレチック」のことを書いたブログを見た出版社からの依頼でした。上郷フィールドアスレチックは最近まで公式サイトもなく知名度も低いためネット上での情報はあまりありません。そんな中で私のブログがヒットして依頼が来たのです。
 
3つ目はモニターの依頼でした。デスクライトを使ってみてその感想をブログに書いて欲しいというものでした。学習関連のブログが対象になったようですが、その中で良さそうなブログとして認識されたのでしょう。これは嬉しかったですね。
 
このように、ブログ6年目、abekkan.comにしてから2年目でいろいろな依頼が飛び込んでくるようになりました。今後はもっと増えると嬉しいのですけれど。
以上がこのブログについての2017年の大まかな状況です。
来年は内容を少し変えて書いてみようと思っています。
 
※今日も読んでいただいてありがとうございます。来年もよろしくお願いします(^^♪


「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

8 + eleven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top