プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

宇宙人マン 独特のスタイルでブログを書こう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

ブログを長く書いていると自分の型(スタイル)ができてくる。スタイルが決まっていると書く方も楽だし、読む方も安心できるのではないだろうか。

 

おきまりのスタイル

 アンパンマンは、バイキンマンと闘って「顔が濡れて力が出ない」とピンチになる。するとジャムおじさんが新しい顔を持って来てくれて元気100倍に復活してアンパンチ!という決まったスタイルだ。

 古畑任三郎刑事コロンボは、最後まで真犯人が分からない推理ドラマとは違う。最初に犯人を視聴者に見せておいてから刑事が推理していくという決まったスタイルになっている。

 どちらも、スタイルが分かっている。今日はどんなストーリーが展開されるのだろう? スタイルが決まっているだけに、視聴者が期待するところも決まってくる。だからメリハリがつくのだと思う。

 

宇宙人マン

 むさしのあつしさんという人のブログで、宇宙人マンというマンガが描かれていた。ちょうど連載が終ったところ。ぶさいくな宇宙人と合体してしまった男が、人助けをするがカッコよくできず人類に認められないという話。

 宇宙人マンの活躍編(?)と愚痴をつぶやく独白編とが毎日交互に書かれていた。最初は意味がよく分からなかったが、何回か見ていると理解でき、なんとなく毎日見るようになっていた。活躍編と独白編を交互に出すという独特のスタイルだった。

 

ファイナルゲーム

 宇宙人マンの前は、ファイナルゲームというマンガが描かれていた。これは卓球の1試合をマンガにしたもの。

 作者がコイントスをして、が出た日は西表君、が出た日は浦崎君がポイントを取る、というルールで1日1ポイントづつ描いていた。毎回の打ち合いは笑えるようなものではないが、今日はどっちが勝ったの?という感じでなんとなく毎日見てしまっていた。

 

 むさしのあつしさんのブログは、マンガ自体よりも、独特なスタイルを作っているところが面白いと思う。むさしのあつしさんありがとうございました。

 

 独特のスタイルを構築することって大切だな。私のブログももっと考えないといけないかな、と思った。

 

PS. いつも読んでいただいてありがとうございます。



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

nine + 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top