プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本 で「言いかえる力」をつけよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

偏差値20アップは当たり前!
「本当の国語力」が驚くほど伸びる本
                                    福嶋隆史著

real_japanese

  本当の国語力が驚くほど伸びる本

今日は ふくしま式の 国語力をつける本を紹介します。

味わう授業では国語力はつかない

学校の国語の授業は、「ちいちゃんのかげおくり」などの戦争文学なら「悲しいね」「戦争はよくないね」で終わる「味わう授業」になっています。これでは書く力はつきません。

国語力とは、論理的思考力です。論理的思考力とは、3つの力です。3つの力とは、「言いかえる力」「くらべる力」「たどる力」です。

 

言いかえる力とは抽象化力と具体化力
「みかん、ぶどう、バナナ」つまり「果物」。
「果物」たとえば「みかん、ぶどう、バナナ」。

この抽象化と具体化が言いかえ問題の基本パターンです。読解問題の5割以上を占めているのがこのパターンの言いかえ問題です。すべての文章は言いかえの連続でつくられています。

 

→この具体化と抽象化のトレーニングのやり方が書いてある。さらに「くらべる力」と「たどる力」についても書かれている。
この3つの力をつければ国語力は飛躍的にアップするという。説明を読むとなるほど、効果がありそうだと思えてくる。
一度読んでみる価値がある本だ。

 

real_japanese

本当の国語力が驚くほど伸びる本
 

real_japanese2

 本当の国語力が身につく問題集

 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

five × four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top