スクラッチプログラミングドリルで初心者でもプログラミングができる

練習問題で理解する
スクラッチプログラミングドリル結合版
         鍋藤優著

「Scratchプログラミングドリル」

今日はこの電子書籍を紹介します。

初心者でもプログラミングを学べる本

今年度からプログラミング教育が小中学校で必須化されました。

プログラミングの学習指導要綱の手引書を見ると、プログラムの説明が書かれている図はスクラッチの画面のようでした。スクラッチは子どものプログラミング教育用の言語(というかツール)として最も使われているようです。

この本はスクラッチを使ったことのない人でも、最初の簡単な問題から見ていくことでスクラッチのプログラミングが覚えられるようになっています。

円を並べて描こう

「四角形に動かそう」では、猫が100歩歩いたあと、右に90度回して向きを変えます。それを4回繰り返すと正方形に動いたことになります。

これが円になると工夫が必要です。完全に円形に動かすことはできません。向きを10度変えて少し進む、のを36回繰り返すと360角形の形に動くことになり、ほぼ円に見えます。

問題をクリアするには、このようなちょっとした工夫が必要です。ヒントが書いてあるので難しくはないのですが。

簡単なゲームも作れた

最後の49と50問目には、簡単なゲームの作り方が書いてありました。

上から雷がランダムなタイミングで降ってきます。それを猫がよけるというものでした。雷をランダムな位置から落下させて下まで行ったら消す。そのプログラムが3本。猫を→キーで左右に動かし、雷に当たるかの判定をするプログラムが1本です。わりと簡単にゲームを作ることができました。

私はスクラッチを使うのは初めてでしたが、このドリルをやるだけでわりと分かってきました。

Kindleの読み放題(Kindle Unlimited)対象なので、私は無料で(と言っても月額1000円払っていますが)習得することができました。

Scratchも無料でダウンロードできます。興味がある人は、この本を使ってちょっと遊んでみてもいいと思います。

「Scratchプログラミングドリル」