まんがでわかる失敗学のすすめ

おすすめビジネス本

まんがでわかる失敗学のすすめ
監修:畑村洋太郎 作画:小川こうじ

今日はこの本の内容を紹介します。

失敗学とは、「失敗をネガティブにとらえず、プラスの面に注目して有効利用しよう」という考え方です。
この本では、畑村先生が提唱している「失敗学」のエッセンスがまんがで分かりやすく説明されています。

まずは失敗から立ち直る

失敗から立ち直る7つの方法として、次のものが挙げられています。

  • 逃げる
  • 他人のせいにする
  • おいしいものを食べる
  • お酒を飲む
  • 眠る
  • 気晴らしをする
  • 愚痴を言う

→一件、後ろ向きでやるべきでないことのように思えるのですが、逃げずに自分を責め、暗くなっていると失敗で失ったエネルギーが回復しない、と述べられています。

まずは失敗で失ったエネルギーを回復しないと前向きな行動がとれなくなるとのことです。

失敗学の目的は失敗を発展の種にすること

失敗学の目的は、

  • 次の失敗の予防策を考える
  • 失敗を発展の種にする

です。

「たとえ失敗をしても、失敗としっかり向き合えば、前よりも発展するはずだ」

という考え方を組織と社会に広めていくことが大切なのです。

小さな失敗と向き合うことで、大失敗を防ぐ。そして発展させていくのです。

→失敗経験を積むには、私はプログラミングを学ぶことがいいと思っています。

プログラムでは失敗(バグ)がつきものです。

バグが発覚して、その原因を調査し、解決策を考える。その繰返しを行うことで、失敗経験が積まれ、失敗からの立ち直ることができる人間に育っていく、と考えています。

登場人物にあそび心が

このマンガの主人公は神田香織課長。その元上司が上野さんで部下が田端くん。

悪役の重役は、池袋、新宿、渋谷。目黒社長に取引先の四谷社長も登場します。


お分かりになったでしょうが、登場人物の名前は東京の山手線の駅名です。

物語の中に、こんなちょっとしたあそび心があるのもいいですよね。

どうせなら、海外支社から帰国した(?!)ハーフの「高輪ゲートウェイ氏」も登場させてほしかったです(笑)。

まんがでわかる失敗学のすすめ
は、こちらから注文できます。

コメント

  1. […] 先日のブログでは「まんがでわかる失敗学のすすめ」を紹介しました。その元になる本も紹介します。 […]