「無敵の転職」を読めば新しい部署で活躍できる!

おすすめビジネス本

トップコンサルトが教える
無敵の転職
 入社後にどうすれば活躍できるか? それを知っている人が、成功を引き寄せるんです。
  森本千賀子著 新星出版社

「無敵の転職」というタイトルを見て、転職するときの会社選びや面接対策の本だと思いました。でも、ちょっと違いました。転職して会社を移った人が、新しい職場でどうやったら活躍できるかを書かれた本でした。ユニークですね。

「実績」よりも「想い」を語ろう

最初の自己紹介では、実績やスキルの高さをひけらかすよりも「想い」を語ることをお勧めします。
「この会社では、どんなことに力を注ぎ、どんな目標を実現させたいのか」を伝えてください。

→「想い」を熱く伝えるということは大事ですね。「そんな想いを持って来てくれたのか」と職場が活気づくでしょう。職場に新しい風を吹かせましょう。

「自分のファンづくり」に注力する

入社直後から同僚とたくさんコミュニケーションを取り、よい関係を築くよう努めましょう。信頼を積み重ね、「この人が目指すビジョンに協力したい」と思ってくれる仲間、すなわちあなたの「ファン」を増やしていくのです。

→ファンを増やすというのはなかなか難しいですが、少しづつ信頼を積み重ねていくしかないですね。活躍するためにはがんばりましょう!

自分ブランドの構築で価値を高める

社内で一目置かれ、頼られる存在になりたいなら「自分ブランド」を築くことです。
「この分野は誰よりも詳しい」という領域を持ってください。
「〇〇ツールを使いこなす達人」など、自信がある特技でも大丈夫です。

→こんなときに役に立つのが、エクセルプログラミングのスキルです。
エクセルは多くの職場で使われています。面倒な編集を繰り返している職場も多いです。その作業を自動化できたら重宝されます。

私も転職に限らず部署を異動したときに、それぞれの部署でエクセルVBAのプログラミングのスキルが何度も役立ちました。エクセルプログラミングは無敵です。

新しい職場での心構え

「無敵の転職」というタイトルですが、転職にかぎらず新しい職場に行って働き始めるときの心構えとして役に立つことがたくさん書かれています。これを覚えておけば(さらにエクセルプログラミングを習得しておけば!)、異動したときに活躍できることでしょう。

この本、実は著者の森本千賀子さんからいただきました。先日行われた「サードプレイス・ナイト2」というイベント内で、ジャンケン大会で勝った人が本をもらえるという企画があり、あべっかんが見事に勝ち抜きました!

森本さん、ありがとうございました。

「無敵の転職」


無敵のエクセルプログラミングを覚えておこう!

あなたもエクセルのプログラミングを始めてみませんか? 初心者大歓迎!
手作業で3時間かかっていた処理を。1分で終わらせてしまうこともあります。このスキルをつけておくと、職場のみんなを助けてあげることもできます!

あべっかんがお待ちしております。

コメント