Excel VBA 独習するならこうしなさいよね で自習するのもアリ

Excel VBA独習するならこうしなさいよね!
~独力でVBAを学びたいと考えるあなたのための指南書~
  野々市恭徳著

今日はエクセルVBAを独学で学びたい人のための電子書籍を紹介します。

独習する方法を書いた本

これはVBAの解説書ではありません。VBAを独力で学習するにはどうすればいいか?を解説した書です。

と表紙にも書かれています。

初心者がVBAを学ぼうと思って、入門書を読もうとしたけれどさっぱり分からない。という人のための学びかたを教えている本です。

では、Excel VBAを独習するにはどうすればいいでしょうか?というと、その答えは、Google先生を活用し、良いお手本を徹底的に真似する のが一番だと思います。

これは格好をつけて言えば、守・破・理の考え方によく似ています。

VBAを学ぼうとして入門書を読もうとしたけれどさっぱり分からない、というのは初心者にはよくあります。私(あべっかん)の講座を受けてくれた人の中にもそう言っていた人が何人もいました。

→さっぱり分からなかった人が、懲りずにこの本を読んでくれればいいのですが。そしてそういった人が、Google先生を活用できるようになればいいのですが。

→IT系の技術者と一般人との違いは、問題点をググって調べて自分で解決できるかどうか だと私は思っています。IT系の技術者ではない初心者がGoogleを活用できるようになれば、それだけで技術者に近づいたと言えるでしょう。

実際にVBAを動かしてみよう Hello World!

ここでは、いきなりコマンドを書いて「VBAの世界にようこそ!」という文を表示させる方法が書かれています。

そしてもしもエラーとなった場合の対応方法が書かれています。

→プログラミングの教科書を見ると、VBAでなくどのプログラム言語でも、最初に出てくるのは必ず「Hello World!」という言葉を表示させるプログラムです。なぜなんでしょうねえ?(笑) ここでは日本語で「VBAの世界にようこそ!」となっていました!

→エラーになった場合の対処方法では、いくつかのケースが書かれていました。でもプログラミングの初心者が初めて作ってエラー解析をするのはちょっと難しいかもしれません。

これだけは学んでおこう。えっ、そんなに?!

これだけは学んでおこう という項目として、ブック操作、シート操作と印刷、行・列、セルの操作、ファイルの操作、繰り返し処理、文字列操作、条件分岐、日付、メッセージ表示、待ち処理、シート保護、実行中の表示禁止 などが書かれていました。

「これだけは」というわりにはずいぶん多い気がしました。たしかに「こんなに」できれば完璧です。でも多すぎてここまで到達するのは大変です。

私(あべっかん)は、初心者にはまずは、行・列、セルの操作、繰り返し処理、文字列操作、条件分岐、マクロの記録 くらいまで教えるようにしています。あとは必要になったときに調べれば事足りると考えています。

プロに習うほうが効率的 ってそっちかよ!

ネットや書籍を活用すれば、0円でVBAに関する知識を習得することができます。独学でやれば、目に見えてお金が出ていくことは避けられますが、独学でVBAを習得するのに、あなたはどれくらいの時間を費やすか?ということを忘れてはいけません。

自分よりもずっと経験豊富なプロにアドバイスを求めることができるのと、独力で解決するしかないのとでは、どちらが効率的でしょうか?

→独学には時間がかかるので、プロに習った方が効率的だと述べています。「独学の指南書としていながら、結局はプロに習えかよっ!」と突っ込みたくなる人もいるでしょう。けれども私(あべっかん)もこの考えには同意します。

私も独学でVBAを覚えました(かなり学んでから講座を受けたことはあります)。試行錯誤で独学でやるよりも、教わったほうが効率的です。私も教わればよかった。でも、当時はWindows95が出たばかりのころで、教えてくれる人もいませんでしたが。

こんな本でした。独学でVBAを学ぶ人にはためになることが書いてあります。かなり難しいことまで書かれているので全部を理解しなくても大丈夫です。ただ、独学よりプロに習ったほうがいいよ、という結論でしたが。

Excel VBA独習するならこうしなさいよね! (Kindle版 420円 読み放題対象)


ということで、プロに教わりたいかたはこちら。

エクセルVBAプログラミング講座で表の編集を自動化する方法を教えています。

  • エクセルVBAオンライン個人レッスン 詳しくはこちら
  • エクセルVBA個人レッスン 詳しくはこちら