プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

ズボラでも健康体質になるにはこの本を読んで!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

今すぐはじめられる!

ズボラでも健康体質になる超お手軽健康習慣

                武内教宣

今日はこの電子書籍を紹介します。

NEATを増やそう

 

NEAT(Non-Exercise  Activity  Thermogenesis)とは日常生活の中で消費されるエネルギーのことです。NEATを増やせばジムで運動したりしなくても健康になれます。

車移動よりも自転車や歩行にする。エレベーターではなく階段を使う。用事がある時は自分から出向く。家事を積極的に行なう、などでもいいのです。

→NEAT と聞くと働かずに引き込もっている人のことかと思い、何で?と思いましたが違いました。家でごろ寝してテレビを見てばかりいないで、日常生活の中でも体を動かしましょうということですね。

私(あべっかん)のスマホには歩数計のアプリが入っていて毎日の歩数を確認できます。するとちょっと寄り道してデパートなどに入ったときはかなり歩数が増えることがわかりました。ちょっとした。ちょっとした工夫で運動量が増えるのです。

温度や色で食欲を抑制できる

 温かいご飯は消化吸収しやすいのですが、同じご飯でも冷たいご飯は消化吸収を抑えて、太りにくくなるので、健康を気にしている方でも安心して食べられます。

色は視覚を刺激して脳に様々な影響を与えます。「黄緑」「青」「紫」「灰色」は食欲を抑えるので、テーブルコーディネートに取り入れると食べ過ぎを防げます 。部屋のカーテン、飾り物、テーブルクロス、照明などの色を工夫してみましょう。
飲食店は食欲をそそる暖色系の色になっています。色実際に店内が寒色系の色のインテリアで揃えられている飲食店はありません。

「インスタ映え」を狙ってSNSにスイーツやラーメンの写真をたくさん投稿していると、スイーツやラーメンに詳しい友達からのコメントが入ります。するとどんどん店に行くようになって、健康に関して負のサイクルができあがってしまうので要注意です。

→冷たいごはんのほうがいいとは知りませんでした。コンビニ弁当は暖めずに食べるようにしましょうか。

部屋の色を変えることで食欲を抑えられるというのはダイエットしたい人にとってはいい作戦ですね。
 

深夜のラーメンは「ブラック企業」と同じ

 
 深夜にラーメンを食べるのは、内臓にとっては「サービス残業」をしているのと同じです。本来の仕事を終えて一息ついているところだからです 。

→わかっちゃいるけど、飲んだあとに締めのラーメンが食べたくなってしまうのですよねえ。そうだ、夜に食べたくならないように、昼のうちに食べておこう。
本を読み終わった私は天下一品に入りました。そしてラーメンには免疫力を高めるからいいよ、とこの本でも紹介されていたキムチをトッピングしたのでした。

運動法、オススメのスポーツ、食生活、生活習慣、SNSの使い方などが書かれている本でした。

筆者の武内氏はジムのトレーナーですが、運動だけではなく幅広い知識を持っていることがわかります。ズボラな人は全部守ることはできないでしょうが、一部分だけやってでも体のためになりそうです。

「ズボラでも健康体質になる超お手軽健康習慣」

(おまけ)電子書籍ってどうやって読むの?

ここで、まだ電子書籍を読んだことのない人のために、電子書籍の説明を載せておきます。

電子書籍を読んだことのない人の中には、専用の端末が無いと読めないのではないか、読み始めるまでの設定が難しそう、などと誤解している人もいるようです。
その心配はありません。スマートフォンでもパソコンでも読めますし、設定も簡単です。

電子書籍の利点は、次の3つだと思います。

  • 読みたいと思った本をすぐにダウンロードして読み始めることができる
  • 紙の本より安い。読み放題サービスもある
  • 何冊でも持ち歩ける

電子書籍はいくつもの会社が出していますが、最も蔵書数が多いのはAmazonのKindleです。Kindleの場合、紙の本と同じようにAmazonのサイトで本を選びます。Amazonにアカウントが作ってあれば、ログインして他のお買い物と同じようにクリックして購入します。

購入したページに、アプリをダウンロードするボタンがあります。そこをクリックしてスマートフォン用あるいはパソコン用の無料アプリをダウンロードします。そのアプリを起動すると、購入した本のリストが自動的に表示されるのでクリックして読むことができます。同じ本をスマートフォンで読んだりパソコンで読んだりすることもできます。

また、Kindleには月額980円で読み放題というサービス(Kindle Unlimited)もあります。たくさん読みたい人にはお得ですが、読み放題の対象となっている本は安い本(あべっかんの本を含む)なので注意してください。

Kindle以外にも電子書籍はあります。使い方はどこも似たようなものですね。

もう少し詳しい説明はこちらをどうぞ。「電子書籍も読んで読書の幅を広げよう-電子書籍の3つのメリットと入門方法」

 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

20 − three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top