プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

その記事は、読者にとって便利なものになっていますか?

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

診断テスト

あるビジネスマン向けの雑誌を買いました。
そこにビジネスマンとしての素養を診断するようなテストがついていました。このテストは有料で、お金を振り込むと詳しく診断してくれるというものでした。
興味があったのでやってみようかなあ、と思ったのですが。。。

時代遅れの申し込み方法

診断テストとして200問以上の設問が書いてあります。答えを解答用紙に書いて編集部に送るというものです。
「郵送は面倒だなあ。ネットでできないのかなあ」
と私は思いました。が、まだこれだけならやろうかという気になりました。
 
料金は高くはないのですが、その支払い方法が、
ゆうちょ銀行の備え付け用紙で振り込み、受領書を同封して送るというもの。
まるで入学試験の願書提出みたいだ!

読者層に応じた手法を

お年寄りをターゲットとした雑誌ならわかります。インターネットに疎い人や子ども向けの雑誌だとしてもわかります。
けれども、現役バリバリのビジネスマンをターゲットとした雑誌で今どきこれはないでしょう。ネットで登録、支払いができるようなシステムを作っておくべきだと思います。
面倒なので、私は申し込むのをやめました。
 
このように、ちょっとしたことでお客を逃しているようなことっていろいろあるのではないでしょうか。読者層に応じた対応方法をとるべきだと思います。
 
雑誌に限らず、サービスを提供する側はどんなユーザーを対象とするのか、ユーザーがどう思うのかを考えなくてはいけません。
 
偉そうなことを書きました。が、自分のブログも、こういった読者に応じた内容になっているか、気をつけなくてはいけませんね。
 
と、雑誌に不満があったのですが、その不満をブログのネタにしてしまいました!
 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

four × 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top