プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

片づけられない男 -身近にあったゴミ屋敷

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

 私は靴や身の周りの物をちらかして妻に怒られてしまうことがよくあるが、今日は上には上がいるというお話。

部屋がゴミ屋敷、というウワサ

 私が以前いた会社の部の飲み会でのこと。
一人、明らかに孤立している若い社員がいた。私は課が違うので知らなかったがY君というらしい。話かけてみたが、特に変わったところはないように感じた。

しかし…

あとから噂を聞いた。Y君は会社の寮に住んでいるが、部屋がものすごく汚いらしい。悪臭で近所の社員から苦情が出ているが、いくら言っても全く改善されない。
 そんなY君も仕事になるとバリバリに活躍している。

はずはない。

まったく使えないヤツ、とされている。

Y君の部屋は、ゴミが30cmくらいの層になっているという噂だ。あまりにも苦情が増えたので、とうとう強制掃除をすることになった。そして総務のM氏とY君の上司のW課長が掃除をするはめになった。

掃除した当事者に聞いてみた

 後日、そのW課長と話をする機会があったので、本当にゴミが30cmも積もっているのか聞いてみた。すると、

「30cmどころじゃないよ。1m積もっててどこがベッド分からなかった。なんで俺があんなことしなきゃいけないんだ (*`Д´*)」

 層になっているのはゴミやエロ雑誌。その雑誌を整理してゴミ捨て場に出したら、

ここは通学路なんだから、エロ本をたくさん捨てられては困る。
と近所から苦情が来たという。やれやれ。

 怖い物見たさで、ちょっとその部屋を見てみたかった!

 ここまでいくと、たまにテレビで見るゴミ屋敷の主と同じ、片付けられない症候群(ADHD) なのだろう。病気だといえば可哀そうだが、なかなか助けてあげようという気になれない。

入社当時は普通だったのに

 そんなY君も入社当時の写真を見ると清潔そうだし仕事もちゃんとできたらしい。いつから、なぜ、こんな風になってしまったのかは誰も分からない。

 その後Y君は別の部署に飛ばされ、さらにしばらくすると退社していた。はたして今はどうしているのだろうか?

Y君に進めたい一冊。これを読んでも変わらないだろうが。。。

人生がときめく片づけの魔法/サンマーク出版

¥1,470



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

five × 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top