プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

人間ドックで処理順序を考えることは大切だと思った!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

処理の順序を考えて時間を有効に使えるように子どもにも教えておきましょう。

人間ドックはオジサンばかり

人間ドックに行ってきました。

私が今回行った人間ドックは、この日は受診者は男性専用となっていました。ゆったりとリラックスできるサロンのようなところで、廊下および待合室に椅子が並んでいて健診用の服に着替えたオジサンたちが座っています。この日混んでいました。午前中の受診者は100名くらいでしょうか。

検査項目の順番が決まっていて、順番が来ると呼ばれます。

「61番のあべっかんさーん」

白衣を着たナース(と呼んでおきます)に呼ばれたオジサンは、例えば視力検査の検査室に入って検査を受けます。検査が終わると

「次は心電図なのでこの先の左の観葉植物の前で待っていてください」
と、次の検査の部屋を教えてくれます。

検査順序の変更

私が観葉植物の前の椅子に座って待っていると、

「61番のあべっかんさーん」

と呼ばれました。心電図検査かと思ったら、

「心電図は混んでいるので、聴力検査を先にしましょう。右手の廊下で待っていてください」

と、順番を変更されました。

その日の混雑をしのぐのはナースの力量しだい

検査順番の変更について、どういう仕組みになっているのか、私はきれいなナースに尋ねてみました。そんなことを聞くのはきっと私だけでしょうね(笑)。

受診者ごとにカルテがありますが、検査が終わるとその担当者あるいは廊下を巡回しているナースが次の検査の部屋まで行き、部前の壁に貼ってあるホルダーにカルテを入れます。

ところがすでにその検査待ちのホルダーがたくさんあるときには、別の空いている検査に割り当て直すのです。この再割り当てによって、受診者が多くても処理をこなすことができるのです。そのシステムの善し悪しはナースたちの連携やスキルにかかっています。そのためにナースはたくさんいます。

処理の順序を考えて時間を有効に使うことを教えよう

現場の状況を見て、処理の順番を変えて効率よく進める。簡単なことなのですが実生活でとても重要です。

ディズニーランドであのアトラクションは混んでいるからあとにしよう、とか、ファストパスを使おうとか。

学園祭のお化け屋敷は並ぶから、朝一で行こうとか。

人生でこれをうまくやっている人と下手な人では経験できるものの数が違ってきます。学校の授業ではこんなことは教えてくれません。実生活の中で、子どもにどうすれば間を有効に使えるかを教えて行かなくてはいけません。

それをうまくできた子が、受験勉強でも効率よく得点を伸ばすことができるのです。

そんなことを感じた人間ドックでした。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

娘たちに、「人間ドッグって何?、犬人間?、人面犬?」などと聞かれました(笑)。

「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」はまだセール中です。セールはまもなく終わってしまいますので、まだの人は今のうちにダウンロードしてみてくださいね。

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

6 + 15 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top