プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

そんなに夜遅くまで営業しなくてもいいのに -労働時間を減らそう!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

早く閉まるコンビニエンスストア?

「あ、看板の電気が消えた」

夜、町を歩いていたら、少し先にあったセブンイレブンの看板の明かりが消えました。時計を見るとまだ午後の8時です。

そこは最近開店したばかり(だと思う)のセブンイレブンです。

最近は24時間営業していた店が元がとれないので24時間営業をやめたという話も聞きます。うちの太郎が夜中にアルバイトをしているファミリーマートも、最近、近くにセブンイレブンができて客が減り、

「今日はもう帰っていいよ」

と言われたり、休む予定はないはずなのに

「今度いつ休むんだっけ?」

と聞かれたりしたようです。この店も長くないかもしれません。24時間長く営業していれば儲かるというわけでもないようです。コンビニエンスストアもたくさんありすぎて競争が激しそうです。

それにしても、セブンイレブンが午後8時に閉店なんて。せめて11時までやったらどうよ。

夜11時までが画期的だったのに

私が子どものころ、近所に初めてセブンイレブンができました。7時開店で11時閉店というのが当時では画期的でした。商店街の店は6時ころには閉店していましたから。

それがいつの間にかコンビニエンスストアは24時間営業が当たり前になりました。

スーパーも、9時や10時まで空いています。私の最寄り駅の1つのスーパーは夜12時まで開いているので、遅くなったときでも帰りに寄れて便利です。帰りにビールとつまみを買うこともよくあります。

けれども、もし早くに閉店していたら、それならそれで、あらかじめビールとつまみくらいは買い置きするか、帰宅の電車に乗る前に買うとかするでしょうから、きっと困らないことでしょう。

そんなに遅くまで働かなくても

あの店が遅くまで営業しているからウチの店も開けなくちゃ、とか、あの店も安売りしてるからウチも店も安くしなくちゃ、とみんなが思ってしまうと、結局長時間労働しても儲からない社会になってしまいます。
今の日本では長時間労働が当たり前で、そしてみんなが疲労してしまいます。
 
そんなに遅くまで働かなくても、そんなに急がなくても、ゆとりのある社会になってほしいと思います。今後は日本の労働人口も減ってきますし。
「働き方改革」を政府が進めようとしています。今の政府に期待はできませんが、人々の意識の中に、「長時間働くよりも大事なことがある」という考えが浸透してくればいいな、と私は思っています。
 
冒頭のセブンイレブンについて調べてみました。
実は、オープンする日は、私が見た日の翌日でした。
前日にプレオープンで8時まで開けてみたみたいです。やはりセブンイレブンは24時間開いているようです。原点の「セブンからイレブン」まででもいいのにね。
 
それこそ、夜中はロボットや機械に任せて、自動販売機コーナーを充実させる、でもいいと思うのですが。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
夜中にコンビニが開いていなくても大丈夫、だと思いますか?



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

eighteen − seven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top