プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

ランドセルのいろはいろいろ

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

見て、見て!

 

 ピンクのランドセルを四つ美が出してきた。半年後に小学生になる四つ美。注文していたランドセルが届いた。最初は茶色で淵だけピンクになっているのを欲しがっていたが、結局ピンク色のにしたらしい。

randcel

 

 最近は、いろんな色のランドセルがある。黒、ピンク茶色、とさまざまだ。だけど、10年前、太郎が小学生になる頃はなかった。売っているのは黒か赤ばかり。私が小学生の頃と変わっていなかった。

 

 ランドセルだけではない。ベビーカーも、今ではいろんな色のものが売られている。でもこれも、15年前、太郎が赤ちゃんの頃は紺色のものばかりだった。カラフルなのが欲しかったのに!

 

 カラフルなランドセルやベビーカーなんて作ろうと思えばいつでもできたのに、10年前にはなぜなかったのか逆に不思議だ。

 

 自動車にしても、3~40年前は白い車がかなり多かった。今はダークブルーやワインレッドも増えたものの、カタログを見ると、メタリックなんとかシルバーというようなグレー系のバリエーションばかり多い。ちなみに私の今の車は赤。その前は青でそのまた前も赤。

 

 パソコンにしても黒かグレーがほとんど。ちなみに今私が使っているノートパソコンはフタだけ赤。本当は他の会社の方がよかったのだが、色でこれを選んだ。

 

 そもそも、落ち着いた色ばかり作るのはメーカーの勝手な思い込みではないかと私は思う。もっとカラフルな商品をどんどん出して欲しいな。ランドセルみたいに。

 

 私は身のまわりのものはカラフルなものを好んでいる。迷ったら明るい色の方を買う、ということにしている。気持ちが明るくなるから。

 

 ビジネススーツも、ルパンのような赤ダンディ坂野のような黄色を一般のサラリーマンが普通に着るようになったら、仕事もなんか楽しくならないだろうか。

 

 えっ、あべっかんは色男だってか。
 いやぁ~それほどでも。。。(^_^;)

 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

20 + seventeen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top