スマホの操作をお年寄りにも教えておこう

雑談

父の入院-コロナで面会謝絶

9月に私の父が脳梗塞で倒れました。

救急車で運ばれて緊急手術。

その後意識はありますがずっと入院しています。


容態が安定してきたので、最初に入院した緊急病院から別の病院に転院しました。


最初の病院でも次の病院でも、新型コロナウィルスの感染防止のため、原則面会禁止です。

入院してからどうなっているのか、家族は様子が分からないのです。

患者が回復してくれば、携帯電話やスマートフォンで家族と連絡が取れます。

ですがうちの父のような老人はスマホもガラ携も持っていません。回復してきて手を動かし話ができるようになっても家族と連絡をとれません。

ソフトボール

私は近所のソフトボールチームの監督をしています。今シーズンはコロナのため活動しませんでしたが。

2年前まではHさんが監督をやっていました。

参加しているソフトボールのリーグがあって、雨天中止とか日程変更とかの連絡が各チームに来ます。

昔は電話連絡でしたが、その後メールになり、今はLineです。

メールになった時点で、高齢のH監督は使うことができませんでした。ですので私が連絡係となり、リーグからのメールを受けてチームのメンバーに転送します。このとき、H監督には別に電話で連絡しなければなりませんでした。

連絡が頻繁に来る時期もあります。

こんなとき、メールの転送だけなら楽ですが、電話もしなければいけないのはかなり面倒でした。H監督がメールを使うことさえできればなあ。

お年寄りにスマホの使い方を教えておこう

こんなこともあるので、お年寄りのかたにもメールやスマホを使えるようにしておきたいものです。

コロナ禍が続き、あるいは別の理由で病院が面会謝絶になったとき、家族とずっと連絡がとれないまま逝ってしまっては悲しすぎます。

お年寄りにスマホを教えましょう。

コメント