ロボット実験講座をやったら4時間も集中できるようになった

プログラミング

4時間も集中できた!

先日、ロボットの講座を受けているTくんに課題を出しておきました。すると、Tくんのママからこんな報告が。

昨日、(Tくん)は課題3をめちゃくちゃ頑張って考えました!!!
4時間くらいねばって、なんとか解決!!
すごい!!

4時間ってすごいですよね。まだ小学2年生なのに。

プログラムを作ってロボットを動かしていると、楽しくなって集中できるんです。
自分が思った通りにロボットが動くと楽しいんです。うまくいかなくても、何度も何度も修正してまた動かす。それも楽しいんです。

そして、集中力もつき、知らず知らずのうちに考える力がついてくるんです。

キャラクターを作ってゲームにしてみた

それを聞いた私は、嬉しくなってTくんにプレゼントを用意しました。

Tくんの顔写真と、勇者のイラストを合成してTくんのキャラクターを作ったのです。

次のオンライン講座のときは、そのキャラクターを画面上で動かすプログラムを作りました。

足を開いた絵と足を閉じた絵を用意して、交互に切り替えると歩いているように見えます。

ちなみに、上の写真の子どもはTくんではありません。十年以上前の私の次男の顔です。

これに食べ物のアイテムと爆弾のアイテムを追加しました。アイテムに触れると得点が変わるゲームを作ったのです。
Tくんは喜んで作って遊んでくれました。

遊びの中に学びの要素を

でも、ただ遊ぶためにゲームを作らせたのではありません。得点を保持するためには変数を使う必要があります。
実は今回は変数を教えたかったのです。これで楽しみながら変数を理解することができました。

これが好評だったので、今度はプログラミングの体験会でも、参加者のキャラクターを作って動かしてみようかな、と構想を練っています。

ロボット実験講座では、こんなふうに子どもにプログラミングを教えています。


詳しくはこちら。
https://abekkan.com/jikken-labo/

コメント