プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

Excelで加工するときは入力表を整えよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

Office祭りに行ってきました

先日、Office 祭りというイベントに行ってきました。正式名は Microsoft Office ユーザー感謝祭 で、Microsoft と Office TANAKA が主催したイベントです。品川のマイクロソフト社のビルで行われました。200人以上来ていたでしょうか、3つの部屋に別れてそれぞれセミナーが3本づつ行われました。

そのうちの1つが、Office TANAKA田中亨社長による「これからのExcel 」の話でした。

Excelで加工するときは、入力表を整えよう

VBAでデータを加工するときは、入力と出力をしっかりと意識して分けることが大事です。もとデータが書かれた表を入力とし、計算や加工をした結果を出力の表に書くのです。ところがこれをごちゃ混ぜにしてしまう人が多いのです。

表の罫線やフォントを整えるのは出力の表に対してやることです。なのに入力の表の体裁を整える人がいます。これは意味がありません。無駄です。

入力の表は重複する列をなくしたり、セルの結合をなくしたりして、データを取り出しやすい表にしておきましょう。それを意識するだけでもVBAの処理が楽になります。

最近のExcel には、「取得と変換」という機能があり、図のように重複した列をまとめてくれたりします。データベース用語で言うと「正規化」です。


この他にも新しいExcel についてのことをいくつも説明してくれました。

エクセルのVBAで調べものをするときはOffece TANAKA

講師の 田中亨氏は日本におけるExcel の第一人者です。Microsoft ともつながりがあり、Excel の資格試験のテキストなども書いています。私は田中氏のExcel 講座を受講したことがあります。ためになり、楽しい講座でした。

そしてOffice TANAKA のサイトには、エクセルに関する情報がたくさん載っています。私がVBAでプログラミングしていて、調べたいことがあるときには Office TANAKA のサイトで検索して調べています。便利なサイトですので、エクセルでVBAのプログラミングをするときには使ってみましょう。

Office祭りとか、Excelに関するイベントなどがあるときは、私はなるべく情報収集しに行こうと思っています。


(大人向け)エクセルプログラミング超入門勉強会(2018/9/23,  10/28も追加しました)


9月23日(日)13:30~ 横浜  

10月28日(日)13:30~ 横浜 で行います。

エクセルの表の編集に時間がかかっていることはありませんか? 例えば

  • 「担当者ごとの売り上げの表」から「製品ごとの売り上げの表」を手作業で作っている
  • 複数の表のつじつまが合っているかを目視で確認している
  • 国語、数学、英語、などの科目ごとのテスト結果の表から、生徒ごとの成績表を手作業で作っている
  • 複雑な関数を使い過ぎて修正できない

こういった作業は、エクセルでプログラムを作ってしまえば自動で行えるようになります。
ホントにそんなことができるの? と思ったかたは一度体験してみてください。

詳しくはこちら

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

2 × one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top