プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

Excelでプログラミングを学ぶのが良い3つの理由 -その3

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

Excelでプログラミングを学ぶのが良い理由の説明の第3回目です。すこし間が開いてしまいましたが。

Excelを勧める3つの理由

プログラミングを学ぼうとするとき、子どもの場合だと、子ども用に分かりやすくなっているプログラミング言語が選ばれることが多いようです。

一方、大人の場合だと、Javaなどインターネットで使われる言語や、昔ながらのC言語などから始めることが多いかと思います。

ですが、もしもプログラミング経験のない大人が子どもと一緒にプログラミングを学んでみようと思った場合には、私はExcel VBA でプログラミングを学び始めることをお勧めしています。Excel VBAというのは、Excelの表のデータを編集するためのプログラミング言語です。Excel VBAでプログラミングを学ぶのが良い理由は私が考えるには以下の3つがあります。

  1. プログラマにならなくても役に立つ
  2. 環境設定が簡単
  3. どう構成するかを考えるのが楽しい

このうち、今回は3つ目の理由「どう構成するかを考えるのが楽しい」について説明します。1つ目の理由、2つ目の理由については先日のブログをご覧ください。

Excelには機能と関数とVBAがある

Excelには3つの要素があります。機能と関数とVBAです。

機能は、メニューなどから表を操作することを指します。行や列を挿入するとか、オートフィルタをかけるとか、並び替えをするとか、表のデータを手作業で変更するような操作のことです。

関数は、セルの中で計算させるものです。セル内に、=SUM(A1:A10) と書いてセルA1からA10の合計を出したり、=AVERAGE(A1:A10) で平均を出したり、=IF(B3=C3,"〇","×") で判定結果を出したりすることです。長い計算式を書いて複雑な計算結果を得ることもできます。

VBAは、Visual Basic Abekkan じゃなかった、Visual Basic for Application の略で、Excelの操作をプログラミングしてしまうプログラミング言語です。

機能と関数とVBAの3つがExcelの要素です。

関数派とVBA派

Excel好きの人は、主に2つのタイプに分かれるそうです。関数派VBA派です。

関数派の人は何でも関数でやろうとします。とても複雑な計算式をセルの中に埋め込んで難しい集計結果を出してしまいます。一方、VBA派は簡単な計算でもなんでもプログラミングでやろうとします。

そして、関数派はVBAが嫌いでVBA派は関数が苦手、ということがよくあるそうです。

けれども、Excelを有効利用するためには、関数もVBAも駆使するのがいいのです。関数やVBAに偏り過ぎてしまうと、あとから誰も直せなくなるようなものができ上がってしまいます。ですから、関数とVBAを適度に使って分かりやすく作るのがもっともよいExcelの使い方なのです。

関数とVBAと機能を上手に使い分けて

関数とVBAと機能をどうやって使うか、を考えるのがExcelの面白いところです。他のプログラミング言語にはない難しさでもあり面白さでもあるのです。簡単な例で説明しましょう。

例えば、掛け算九九を練習する簡単なプログラムをExcelで作るとしましょう。

上の図のようなシートで、「もんだい」ボタンをクリックすると掛け算の問題が表示されます。その答えを黄色いセルに書き込んで、「さいてん」ボタンをクリックすると〇か×の判定と合計得点が表示されるプログラムです。

ここで、ボタンをクリックするとVBAのプログラムが走り出します。そして図の(案1)のようにVBAのプログラム内で正解を計算して表示させ、VBAのプログラム内で答えが正解と同じだったら〇を表示させることができます。

一方、(案2)のようにどこかのセルに掛け算の答えを関数で計算しておくようにして、さらに入力した答えが合っていたら〇、間違っていたら×という結果を関数でセルに書いておくこともできます。

関数とVBAをどう組み合わせるかは作る人次第です。「こうした方が簡単になる」という構成案を考えるのは楽しいものです。

表とプログラムが一緒になっているので、例えば親子で一緒にExcelで何かを作るとき、表の部分を子どもが作って大人がVBAのプログラムを書く、というように分担することも可能です。

関数とVBA,表とプログラムを組み合わせてどう構成するか、を考えるのが楽しい、というのがExcelでプログラミングを学ぶのが良い3つめの理由です。

 

Excelでプログラミングを学ぶのが良い3つの理由、お分かりいただけたでしょうか。以前に書いた記事をリンクしておきましたのでそちらもご覧ください。

  1. プログラマにならなくても役に立つ
  2. 環境設定が簡単
  3. どう構成するかを考えるのが楽しい

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

これからExcelのプログラミングの話もどんどん書いていきますのでよろしくお願いします(^^)/



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

three − one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top