プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

お正月用に百人一首ゲームをプレゼントします(無料)

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

百人一首ゲームをプレゼント

お正月になりますので、かるたゲームをプレゼントします。

11月に行ったエクセルVBAプログラミング超入門ミニ勉強会では、百人一首のかるたゲームのプログラムについて説明しました。その教材に使ったエクセルの百人一首のかるたゲームをプレゼントします(無料です)。こちらからダウンロードしてください。

かるたゲームの使いかた

かるたゲームは3つのプログラムから作られています。以下のように使います。

  1. Mainシートで「配る」をクリックします。すると実行モードの選択画面が出ます。2を選ぶと練習できますが、通常は1の本番モードを選んで[OK]をクリックしてください。すると下の句の札が配られます。
  2. 「上の句を読む」をクリックしてください。上の句が表示されます。
  3. 上の句に対応した下の句が書いてあるセルをクリックして選んだ状態で、「とる」をクリックしてください。「正解」または「間違い」と表示されます。
  4. 3から繰り返します。全部の札を正解すると終わりです。

ボタンをクリックしてもプログラムが実行されない場合は、こちらの設定を確認してみてください。

暗記学習用に応用できる

このかるたゲームは、Wakaシートに書かれている上の句と下の句をもとにして問題を出しています。ですから、Wakaシートを書き換えると問題を変えることができます。

百人一首以外でも、暗記したいものがあったら、Wakaシートの上の句と下の句の欄に書いておくと問題に反映されます。ですので暗記学習用のツールとしても使えます。

このゲームではただ正解と間違いを表示するだけですが、いろいろな応用が考えられます。たとえば、

  • 正解数と間違い数を数えて得点を出す
  • 間違いが多いものを出題するようにする
  • 上の句と下の句を入れ替えた問題も出せるようにする
  • 上の句を一度に全部表示させずに1文字づつ表示して早く取ると高得点になるようにする
  • 取るまでの時間を計測して表示する
  • 2人での対戦モードを作る

こういった改良をすると競技かるたの練習にも使えそうですね。

エクセルのプログラミングに挑戦してみませんか

エクセルVBAのプログラミングを覚えると、こういったものを作れるようになります。ゲームとしてだけではなく、仕事で使う表の編集などにも役立ちます。

他のプログラミング言語と比べてエクセルVBAは初心者でもとっつきやすくなっています。プログラムなんて私はできっこない、と思っている人でも少しやればできるようになります。毎月初心者向けの勉強会を行っていますので、興味のあるかたは是非参加してみてください。

また、この百人一首ゲームに対しての感想や質問がありましたらぜひこちらにコメントしてくださいね。よろしくお願いします。

百人一首ゲームのダウンロードはこちらから。

遊び心でエクセルを学ばセル あべっかんでした。


エクセルプログラミング入門勉強会(2019/1/13 13:30-16:30) at 川崎


1月13日(日)13:30~16:30 川崎で行います。

エクセルの表の編集に時間がかかっていることはありませんか? 例えば

  • 「担当者ごとの売り上げの表」から「製品ごとの売り上げの表」を手作業で作っている
  • 複数の表のつじつまが合っているかを目視で確認している
  • 国語、数学、英語、などの科目ごとのテスト結果の表から、生徒ごとの成績表を手作業で作っている
  • 複雑な関数を使い過ぎて修正できない

こういった作業は、エクセルでプログラムを作ってしまえば自動で行えるようになります。

この日はそのうち特に、多数のファイルを自動で開いて編集する方法について説明します。

3時間 5,000円

詳しくはこちら

お客様の声

あべっかんのエクセルプログラミング勉強会に参加したかたから、以下のような感想をいただいています。(勉強会後のアンケートからの抜粋)

  • プログラミングのわけわからない感が少し改善されて良かったです。本を読んでも良くわかりませんでした。またうかがいます。よろしくお願いします。(介護職 男性)
  • 少人数制だったので、質問もしやすく楽しかったです。PCに実際に入力させてもらう体験をさせていただいたのはとても勉強になりました。(人事職 女性)
  • 全くの初心者では無いものの目から鱗の項目もあった。覚えるには復習が必要だが、やはり実際にPCを使いながらという方法がよさそう。次回も参加希望だが間隔はもう少し短い方が良いと思う。(会社員 男性)
  • プログラミングもまったくやったことがないので、恐る恐る申し込みをしましたが、先生からの事前の連絡も親切で分かりやすく、また、その時点でほかに3名の方がご一緒なのもわかりホッとしました。講座は、説明がわかりやすく、また、テンポよく進んであっという間でした。具体的な例をもっとやってみたいとも思いましたが、初めて知ることばかりでしたので、量・時間とも初心者にはちょうど良かったです。お送りいただいた資料を活用して、自分で手を動かしてやってみようと思います。(会社員 女性)
  • 基礎が分かり良かった。(コンサルティング業 男性)
  • 少人数制で、質問もしやすく、よかったです。課題を考えることで、自分のつまづく箇所が分かる。いろいろな課題を盛込んでいただけるとうれしいです。新しい内容の説明や課題のときに、ゆっくり考える時間がもう少しあればよかったかなと、思いました。(会社員 女性)

 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

nineteen − 7 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top