プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

クマとの遭遇 -子どもが襲われないように気をつけて

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

小学生の三奈と二郎がおじいちゃんに連れられて長野の親戚の家に行ってきた。

旅行先の山で見たものは?

「山で何の動物を見たでしょうか?」 と三奈に訊かれて
「クマ!」 と冗談で答えたら、
「あたり~」
えっー(゜Д゜)!

三奈と二郎がおじいちゃんに連れられて長野の親戚の家に行った。そこから山にハイキングに出かけた。バスに乗って降りたバス停のあたり。まだ山奥ではないところで、

  道の前を黒いモノが横切った。大きな犬か? 

と思ったら小さいクマだったという。

 その辺りは、クマ出没注意!にはなっておらず、目撃情報は無かったそうだ。そんなところで野生のクマに出くわすとは!

襲われなくてよかった。

でも貴重な体験だな。野生のクマに出くわした、って人は少ないよね。

 

クマってかわいく美化されている

 ところで、クマってやけに美化されていると思う。テディベアダッフィーなどのぬいぐるみはかわいくて人気だし、絵本に出てくるクマさんも必ず優しくてかわいい。くまのプーさんもかわいい。本物のクマは怖いのに!

bear2

 

 一方、狼は悪役だ。おおかみと七匹の子ヤギ赤ずきんをはじめとして、絵本では必ず悪役だ。一匹狼ウルフと言えばはかっこいいが、ダーティーなイメージを伴う。狼が優しかったことなんて一度もない。不公平だ、と狼はクマに嫉妬しているに違いない!

 

 あっ、優しい狼が1つだけあった。
「狼なんか怖くない」 by 石野真子 かなり古いか。
 

mako_ishino

 

とにかく、本当は怖いクマ に襲われなくてよかった。

実はクマに良く似たヒゲずらのオヤジだった、というオチはありません。(笑)

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

five − 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top