プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

ボーイング787事故真相解明の突撃取材? -JALの機体整備工場の見学はためになる

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

ゴォーーーッ!

 ジェット機が着陸した。

   先週、旅客機 ボーイング787 が煙を出して高松空港に緊急着陸するというトラブルが起きた(*1)。全てのボーイング787の運行が停止となり、トラブルの原因調査が進められている。そこで私は、羽田空港の機体整備工場に突撃取材に行った。

 というわけではなく、以前から日本航空(JAL)の機体整備工場の見学会に申し込んでいた週に、たまたまボーイング787の事故が起こったのだった(^_^;)。

 私は小6の二郎と小4の三奈を連れて参加した。

 

航空教室では787の話題も

 航空教室というスライドを使った説明会で、飛行機が飛ぶ仕組み、エンジンや翼の機能、羽田空港の滑走路、などが説明された。そしてボーイング787がどういう機体であるかも。

 今までの機体はでできていた。表面の塗装を剥すと銀色になる。ところがボーイング787はカーボンでできているので塗装を剥すと黒だ。

 このカーボンは東レ製で鉄の1/4の重さしかない。そのため燃費が大幅に改善され排出ガスも減り、離発着時の騒音も低減されて環境に優しくなった。

 その一方で巡航速度は915km/hで一番速い。JALのパンフレットには最新鋭の機体として最初に載っている。しかも日本の部品が多く使われているため、日本のメーカーの期待も一身に背負っている。

→これだけ期待を背負っていると、何としても原因を解明して飛ばさなくてはいけないと必死になっているんだろうな。

  

整備工場見学はヘルメットを被って

 説明のあと、15人くらいずつに分かれて整備工場内を見せてもらった。飛行機が何台も入る大きな建物内をヘルメットを被って歩いた。3機ほどが中に入っていて整備をしていた。機体以外にも、エンジンやシートが分解されて置かれていたので身近に見ることができた。

 展示コーナーにはコックピットがあった。メーターやスイッチがやたらと多い。前面だけではなく天井にもたくさんついている。二郎と三奈はコックピットに座ってスイッチをパチパチして喜ぶ。(^o^)

 説明では、スピードメーターは3つもあるそうだ。風圧で誤作動する可能性があり、2つだと1つが誤作動するとどちらが正しいか判断できないため3つつけて多数決で正しい速度を判断するという。

→さすがに念を入れているな。

 

質問好きな説明員

 スライドでの説明中も、工場内の見学中も、説明員のSさんはしきりに私たちに質問してきた。

  • ライト兄弟はどこの国の人? 職業は?
  • 渡り鳥が飛ぶ高度はどれくらいでしょうか?
  • この羽の先のオプションはHowMuch?
  • 機体の壁の厚さはどれくらい?
  • 翼の先端が上方向に曲げてあるのは何故?
  • 着陸するとき、地面に何度の角度で降りてくるか?

って聞かれても、分からんことばかりだ。

 ただ、ライト兄弟が自転車屋だったってことは、二郎と三奈は マンガ世界の偉人 を読んだので覚えていたゾ。

 突撃取材の結果、ボーイング787について分かったことは、

期待されている機体なので飛ぶようになったらまた見に来たい
 (結局だじゃれかよっ!)

(*1)緊急着陸した機体は全日空で、今回行ったJALではない。ただしJALでも787のプチトラブルは発生している。

 

PS.
いつも読んでいただきありがとうございます。

工場内の様子を写真に撮ったので載せたいところでしたが、「写真は撮ってもいいけどネットに公開するのは禁止です」 と釘をさされていたので残念ながらお見せできませんでした。

羽田空港のJALの整備工場の見学はここで申し込むことができます。興味がある人は行ってみてはいかが。子供も楽しめるし勉強にもなります。 

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

20 − one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top