プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

【家庭教育】炊飯器を分解修理だ

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

イクメンパパの家庭教育 図工編

「あー、またご飯ができてない (+_+)」

 

 炊飯器の調子が悪い。ときどき電源が切れる。電源コードを引っ張りなおすと電源が入ったりするので、電源コードの接触不良っぽいぞ。
suihanki1 

 

 以前に使っていた炊飯器も同様の症状になった。そのときは私が直した。今回もあべっかん工房(安部公房?!)で直すとするか。まずは分解した。

 

■巻き取りコードの仕組み

 

 炊飯器とか掃除機とかは電源コードがシュルシュルと自動的に収納される。その中身はこうなっている。

 

 電源コードを巻き取るリールの中心にAとBの金具があり、コンセントから来たケーブルが接続されている。このリールのフタには円形の金具が2つついている。A、Bの金具がそれぞれ円形の金具の外側および内側に接触して電気が流れる。リールが回転してもそれぞれの金具は接触し続けるので、絡まることなく電流が流れる。
suihanki2 

 

 でも古くなるとこの部分が接触不良になりやすいようだ。

 

■機械の中を子供に見せよう

 

 せっかくなので、分解したところを三奈と四つ美に見せた。

 

 こんなふうに、機械をちょっと分解してみて子供に見せて仕組みを考えさせてみるといいと思う。こういうところから、ものづくりへの興味が育っていくだろう。

 

 そういえば以前のブログでもパソコンを分解したことを書いたっけ。

 

■修理開始

 接触不良の疑いのあるこの巻き取り部分をコードをぶった切って半田で直接つないだ。ちょっとイモ半田になっちゃったけどくっついた。絶縁テープを巻いておしまい。これで電源コードの自動収納はできなくなるけれど、電源が切れるよりはずっとましだ。

 

suihanki3 

 

 そして見事に直って、おいしいご飯が炊けました(^o^)/。

 

 私は以前に電気メーカーで開発の仕事をしていた。実験用の装置のコードの半田づけもやった。そこで慣れていたことが役に立ったね。

 

 でも、分解するときは壊れてもいいや、くらいの気持ちでやっている。なので安易にマネしないでください。壊れても私は責任持ちませんから! 漏電すると危険ですし。

 

以前のブログ
 「機械を分解してみよう」

 

この本↓も機械の中身を知るのに役立ちます。
「身のまわりのモノの技術」

 

PS. 今日も読んでいただいてありがとうございます。
炊飯器や掃除機の電源コードの巻き取り部分が調子悪くなった、って人、他にいませんでしょうか?

 

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術 (中経の文庫)/中経出版
¥680
Amazon.co.jp

 

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2 (中経の文庫)/中経出版
¥680
Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

14 + 13 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top