プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

女子トイレ監禁事件 -事件で子どもは成長する!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

夏のプールの時期になると、あの事件のことを思い出す。

四つ美が4歳のころ、近所の室内プールに私と三奈と3人で出かけた。

四つ美と三奈と二人で女子トイレに行かせた。

なかなか出て来ないので心配して待っていると、事件が発生した。

jiken2

「パパたいへん、四つ美がトイレに閉じ込められたっ!」
三奈が走ってきた。
個室に入ってカギを開けられなくなったそうだ。

プールは1階にあり、男子の更衣室とトイレは1階、女子の更衣室とトイレが2階にある。男の私が2階に行く訳にもいかないので三奈に近くにいる大人か係の人を呼ぶように伝えた。

閉じ込められた四つ美は不安だったことだろう。それでも姉が「大丈夫?!」と声をかけてくれるのでなんとかがんばった。

この個室は、鍵が壊れかけていたようで、幼児には開けにくいようになっていたらしい。係の人が上からよじ登って四つ美を救出した。とにかく無事に出られてよかった。

四つ美が閉じ込められていいたのは30分くらいだろうか。さぞかし不安だったことだろう。でも、三奈がドアの外からアドバイスしたり励ましたりした。きっと姉が頼もしく思えたに違いない。

wc2

こういった経験を重ねるうちに、姉もしっかりするし姉妹の絆もできてくるはずだ。

事件を経験したことによって子どもは成長する。私も、何でも親が助けてしまうのではなく、できることなら兄弟姉妹で解決させるっていうことも必要だな、と思った。

 

 こんな事件が再び発生しても困らないように、そのトイレに監視カメラを仕掛けておこうっと。 (!??)

→冗談です。盗撮は犯罪です。やってはいけません!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

eighteen − 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top