プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

天体の実験 -天体の動きをボールで説明してみよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「ここは7月より2月の方が気温が高い、ヘンだ!」
白い表紙のチャレンジ4年生をやっていた三奈が聞いてきた。

「南半休だったら7月が冬だろ」 と私。

「なんでー?」
えっ、この子はわかってなかったのか……しまった(>_<)

 

そこで、「子供と日食の実験をやってみよう」でやったように、
私は、ボールを持ってきて天体の実験を始めた。

earth3

 

まずはボールを地球に見立てて、地球の公転と自転の説明
地軸が傾いているから、
こちら側に地球が来ると北半休が昼が長くなるが、
あちら側に地球が行くと北半休は昼は短くなる。

さらに、今度はボールを太陽、テーブルを地表にして地球からの太陽の見え方の説明。

夏の太陽はこの軌道で19時ころテーブルの下に沈む。
冬の太陽はこの軌道で17時ころテーブルの下に沈む。
北極の夏の太陽はテーブルの上をくるくる回り沈まない。
北極の冬の太陽はテーブルの下をくるくる回っていて見えない。

これだけ見せておけばイメージがつかめただろう。

このようなモデルを使った実演をしておくと、ものごとを立体的に把握する力がつくので、私は機会があればやるようにしている。

ひととおり説明してから、私が

「問題を解くときは、今のをイメージするんだよ」と言うと、
「でも、この問題は算数のグラフの見方の問題だよ」
ありゃ、理科じゃなかったのか。
じゃあずいぶん脱線しちゃったな。まっ、いいか。

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

 

 

 

 

PS. あべっかんの疑問
 春分の日と秋分の日は祝日なのに、夏至と冬至はなぜ祝日じゃないのだろうか? 昼が一番長い日/夜が一番長い日 の方が、昼と夜の長さが同じ日 よりスゴイと思うのだが……

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

19 − eleven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top